2010/8/12 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第188話 母の目

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 15:13:32

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第20巻も好評発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 冥衣(サープリス)に身を包み、天馬星座(ペガサス)テンマの前に対し、自分と戦うように言うその母は、自らを天王星の守り人オウルのパルティータと名乗る。

 その母の姿、そして、母が人を傷つけたことを信じられないテンマは、父だと言う天魁星メフィストフェレスの杳馬が母をおかしくしたのだと思い、目を覚ますよう訴える。

 だが、彼を攻撃し、「あなたを殺します。本気よ、テンマ」と告げる母は決意に満ちた目をしていた。

 テンマは母のその目に覚えがあった。

 パンドラの下から逃げたパルティータが、吹雪の中、テンマを守り切った時、そんな目をしていたのだ。

 子供を守る-そんな時の母は特別強くて、澄んだ真っ直ぐな視線を見せ、決意をその内に秘めていた。

  そんな母が今はその目でテンマを殺そうとしているのだ!

 パルティータは、テンマを産み、守ったのは、天界の大罪人 神殺しの天馬星座(ペガサス)の魂を得るという目的があったからだと教える。

 成長し、聖闘士(セイント)として、その魂に充分小宇宙(コスモ)を満たす息子の成長を喜ぶ母。

 彼女は、全ては、杳馬と二人で神殺しの力を得て、オリンポスの神々への革命を起こし、新しい神話の創世主となるために仕組んだことだったと語る。

 【…そんな…ことのために!?俺を生んだの…?母さん!!】

 母の言葉に衝撃を受けるテンマ。

 だが、彼はそんな母を前にしても、自らの母は彼女だけだと、死を受け入れようとする。

  いよいよ息子の首を絞め上げるパルティータだが、そこに電撃が走り、パンドラが現れ、母子ともども葬ると言い放った!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/7/22 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第187話 パルティータ

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 12:51:36

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第20巻は7月8日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 パンドラの背後より現れた天魁星メフィストフェレスの杳馬は自らが冥王ハーデスの魂を連れ去ったことを白状すると、彼女が慕っていたパルティータに会わせると言い、時間と空間を歪めて呼び出そうとする。

 【唯一の友人だったあの女を…私は…私は…ただの癇癪で殺したというのか!?】

 残酷な真実を前に、耳を塞ぐパンドラ。

 だが、杳馬は「本当は会いたいでしょ?知りたいでしょ!?テメエのしたことをさ」と煽る。

  「パルティータ第一幕『再会』開幕でございー!!!」

 薄汚れた衣服を身に纏い、現れたパルティータは、怯えるパンドラに優しく微笑みかける。

 その姿に、膝をつくパンドラ。

 神々のコマとして生まれ、常に利用されてきた彼女は、聖戦に一番翻弄されてきたのは自分だと叫ぶ。

 全てが灰色に見える彼女にとっては、自分が何色(なにもの)なにかさえも分からなくなっていたのだ。

 が、そんな彼女をパルティータは優しく抱きしめる。

 パンドラの哀しき宿命に慈愛の言葉をかけるパルティータ。

 パンドラはその温もりだけは信じようと思った。

 「だけど、その宿命に甘えるのはよくないわ。」

 直後、パルティータはパンドラを切り裂いた!

 「子供の貴女が無邪気に私を殺したのも、また真実なのですから!!!」

 血に塗れ、倒れるパンドラ。

 それを見て高笑いする父に怒りを露わにする天馬星座(ペガサス)テンマだが、黒い渦に巻き込まれ、別の場所へと誘われる。

  そこに現れ、テンマに闘いを挑んできたのは、冥衣(サープリス)に身を包んだ母パルティータだった!

 
聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/7/20 火曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第186話 灰色の日

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 0:05:27

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第20巻は7月8日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 【いつからか私には世界が灰色に見えた。】

 パンドラの脳裏に、彼女の家の使用人であったパルティータと仲良く過ごした幼き日の記憶が蘇る。

 色とりどりの花を前に、その色の名を挙げるパンドラ。

 それはパルティータが妊娠したお祝いに、町の人がくれた花だった。

 その事実を知り、顔を赤らめて、自分のことのように喜ぶパンドラ。

 「自分の中に命があるって思うと急に世界中がカラフルに見えるんです。」
 そう語るパルティータは、彼女にとって、唯一友人と呼べる存在だった。

 名前は何にするのかと問うパンドラに、使用人は答える。

「Tenma(テンマ)。汚れなく真っ直ぐ駆けるように生きてほしい」

 それは、パンドラが苦労して自らの心の奥底に押し込めた記憶だった。

 彼女を気遣う天猛星ワイバーンのラダマンティスを制し、天馬星座(ペガサス)テンマの下へ歩み寄るパンドラ。

 テンマは一瞬身構えるが、パンドラの顔がいつもと違うのを見て、それが第一の魔宮「水星」(マーキュリー)で天魁星メフィストフェレスの杳馬に見せられた昔のパンドラの顔だと気付く。

 パンドラはテンマに母のことを聞き、彼はそれに答える。

 これまで敵として何度も合いまみえたパンドラと、すぐ近くで母の話をしている…。それはテンマにとって、不思議な感覚だった。

 自らも楽しかった幼少時代を語るパンドラ。

 テンマが生まれた時、随分はしゃいだこと。
 その後、すぐに自分の母も身重と分かって、嬉しくて嬉しくて世界全部がキラキラして見えたこと。

 パンドラは弟とテンマとパルティータと楽しく過ごす時を夢見ていたのだ。

 だが、雪の日、彼女の弟ハーデスの魂ととともに、テンマを連れたパルティータが姿を消した。

 眠りの神ヒュプノスは、パルティータの家から感じられた微量な小宇宙(コスモ)は宿敵アテナの聖闘士(セイント)のものだったと語る。

 裏切られたと感じたパンドラは、配下の冥闘士(スペクター)たちにハーデスの捜索とパルティータ母子の抹殺を命じる。

 全ての元凶はパルティータだとパンドラは言う。

  「返してくれテンマ…お前の母が奪った私の弟を」
  「返してくれアテナ!!私の居場所を」
  「アローン!!!注いだ愛情と冥王軍を!!!」
  「あの日から私の世界は灰色なのだ!!!」

 攻撃的小宇宙を高めるパンドラに対し、テンマはハーデスの魂を奪ったのは自分の母ではないと弁解しようとするが、そこに現れたのは杳馬!

  テンマの父はパンドラに背後から抱きつき、自らがハーデスの魂を連れ去ったことを白状すると、皆をパルティータに会わせると言った!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/7/11 日曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第185話 生命ある限り

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 22:08:29

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第20巻は7月8日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 神の力も小宇宙(コスモ)も失ったサーシャを襲うパンドラキック。

 天馬星座(ペガサス)テンマ獅子座(レオ)レグルスペガサス流星拳ライトニングプラズマを同時に放つが、立ちはだかった天猛星ワイバーンのラダマンティスは翼竜の羽音でそれら全てを跳ね返す。

 近づけないテンマが手を伸ばす先で、サーシャは身体に巻き付いた蛇より放たれた電撃に苦しめられる。

 サーシャが望んだ人間という存在の非力さを嘲笑うパンドラ。

 止めを刺そうと近づく彼女だが、立ち上がる少女より何かが芽生え始めているのを感じる。

 サーシャは振り向き、パンドラに、自身は、生命に限りのある人間が小宇宙を生み出し、突き進む様に何度も胸を震わされたと言う。

 さらに、永劫の時の中で宿命に縛られている神話の住人に比べ、生命を無限に継ぐ人間の生の方が自由で希望に満ちている。-そして、それをパンドラも知っているはずだ、と。

  その言葉に、パンドラの脳裏に人として過ごした幼き日の記憶が蘇ってくるが、それを見て、天魁星メフィストフェレスの杳馬が動く!

 
聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/6/24 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第184話 3対3

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 0:24:18

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第20巻は7月8日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 ロストキャンバスの魔宮「土星」(サタヌス)において、天馬星座(ペガサス)テンマ獅子座(レオ)レグルスサーシャ(=女神アテナ)の前に現れた天猛星ワイバーンのラダマンティス地獣星ケット・シーのチェシャパンドラ

 パンドラは、敵対する3人に、アテナの首を叩き落として、戦場の制し方を教えると豪語する。

 続いて、チェシャもテンマに宣戦布告をするが、「今更お前と戦うのかよー…、俺、手加減とか多分ムリ…」(コナゴナにしちゃうかも…。)と返されてしまう。

 そのやり取りを遮り、一歩前に出たラダマンティスの圧倒的な威圧感に、レグルスの闘争本能は掻き立てられる。

 二人の様子を見て、パンドラが開戦の号令を出すと、ラダマンティスは翼を広げ、咆哮を放った。

 翼竜の息に吹き飛ばされ、背後の壁に激突するテンマとレグルスだが、その瓦礫の中から金色の光が漏れ、パンドラの高笑いを打ち消す。

 それは女神像を手に抱えたサーシャの姿だった。

  像よりまばゆい光が溢れだすと、聖闘士(セイント)達を守るため、サーシャは伝説のアテナの聖衣(クロス)を身に纏った!

 だが、彼女は、突如苦しげな表情になり、その場に膝を着く。

 それを見て、サーシャがアテナの聖衣を扱えていないことを見抜くパンドラ。

 彼女の高笑いが再び響く。

 神の力も小宇宙(コスモ)も失ったサーシャにとって、その聖衣はただの重いプロテクターでしかなかったのだ!

  それがサーシャの望んだ「人間」だと言うパンドラは、「天馬星座とアローンと共に死ねれば、願ったり叶ったりではないか!!!」と続け、その容赦ない蹴りがサーシャを襲う!!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/6/21 月曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第183話 冥闘士として

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 0:25:10

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第20巻は7月8日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 天哭星ハーピーのバレンタインが、主である天猛星ワイバーンのラダマンティスの進む道を守るため、パンドラに向けて放った決死の一撃は、そのラダマンティスにより止められる。

 バレンタインは「…やはりか…!!」と思った。

 それでこそ、彼が惹かれ続けた、高潔なる主ラダマンティスなのだ。

 そして、彼はその主の手で自らの気持ちを切り捨てることを望んだ。

 グレイテストコーションとなって返ってきた、先ほどの一撃。

 魔宮「土星」(サタヌス)に大きな爆発が起こる。

 その爆風は、闘いを傍観していた地獣星ケット・シーのチェシャを吹き飛ばし、壁に巨大な穴を開けた。

 爆煙の後にラダマンティスとパンドラが見たものは、なおも主に仕える姿勢をやめないバレンタインの姿だった。

 彼は、主に最期の願いを伝える。

  それは「最期の瞬間まで冥闘士(スペクター)として君臨する」ことであり、それを聞いたラダマンティスの目は大きく見開く。

 彼に仕えた日々が光栄だったと告げ、最期までお供できないことを詫び、それを最期の忠誠として、事切れたバレンタイン。

 「行くぞ。野良犬の処分は済んだのだろう?」と背を向けるパンドラに付いていきながら、ラダマンティスは思う。

 【そうだ俺は最期まで冥闘士よ】

 【俺の魂は生命が太陽を求めるようにハーデス様を求める】

 【魔星の下に生まれたお前もそのはずだった。さらばだ、バレンタイン】

 跪いたまま息絶えた部下に別れを告げ、その場を後にするラダマンティス。

 が、そこに突如放たれる流星拳

 パンドラは翼竜の翼により守られるが、その目に映ったのは、聖闘士(セイント)たちの姿。

 天馬星座(ペガサス)テンマ獅子座(レオ)レグルスサーシャの三人も「土星」までやってきていたのだ。

 「とっとと戻った方がいいんじゃねえのか!?俺たちにテメェのハーデス様をぶっ飛ばされる前にな!!!」

 そんなテンマの台詞を、何も知らないとパンドラは嘲笑うが、今、ここで片を付けるべく、闘いの狼煙を上げる。

  テンマ&レグルス&サーシャVSラダマンティス&チェシャ&パンドラ!3対3の闘いが幕を開ける!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


次のページ »

HTML convert time: 0.716 sec. Powered by WordPress ME