2007/9/11 火曜日

LC第51話 不穏の兆し

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — admin @ 2:51:59

[週刊少年チャンピオン41号掲載]
※ネタバレ必死!

【あらすじ】

『デスメッセンジャー』により心臓を止められながらも『タイタンズノヴァ』を放ち、キューブを倒したアルデバラン。
そこにもう一人の刺客、地奇星フログのゼーロスが現れ、死しても倒れぬアルデバランをいたぶる。

そんなゼーロスに一撃を加えたのは天暴星ベヌウの輝火だった。
ゼーロスはパンドラがハーデスに不審を抱き始めていることを教え、手を組んでパンドラに取り入ることを提案する。
だが、ハーデス以外の者に従う気のない輝火はゼーロスを葬ってしまう。

輝火は目を覚ましたテンマに、この先も彼を狙って刺客が放たれることと、冥王軍の実権が既にハーデスではなくパンドラにあることを教える。

アルデバランの弟子テネオ・セリンサ・サロは巨星の死に涙するが、それが自らの身代わりとなってのものであると悟ったテンマは沈鬱な面持ちでその場を去る…。

【感想】

ようやく台詞付きで登場のゼーロスが原作同様の小物っぷりを発揮してくれています。
おまえは越後屋かと。

弁慶の如く、立ったまま大往生したアルデバランには胸の詰まる思い。

そのアルデバランと過去に激闘を繰り広げた輝火は永久にリベンジの機会を逸してしまった訳ですが、テンマの命を救うなど、かつての尖っていただけの彼とは明らかに変わってきているのが分かります。

そして、アルデバランの死に責任を感じたテンマは、単身、アローン=ハーデスの下に向かう…とか??

【今回の名台詞】

「どうだ 輝火!この任務を果たして パンドラ様に目をかけてもらうのだ!!お前の力とこのゼーロス様の頭脳があれば 三巨頭すらも…!」(ゼーロス)
→おまえの頭脳はいらんて。。てか、自分に『様』を付けるヤツにろくなのおらんわ。。

「牡牛座(タウラス)よ 借りは返したぞ」(輝火)
→義理堅い男、輝火。この一言に漢(おとこ)を見た!


コメント (2) »

  1. なんて熱い記事だ!
    書き手のコスモを感じる!

    コメント by かす — 2007/9/11 火曜日 @ 18:46:29

  2. >かす さん

    ありがとうございます!

    小宇宙(コスモ)を燃やして生きていますよ!w

    コメント by admin — 2007/9/12 水曜日 @ 7:24:20

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.449 sec. Powered by WordPress ME