2008/2/28 木曜日

LC第74話 違和感

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 8:40:25

LC第74話 違和感
[週刊少年チャンピオン13号掲載]
※ネタバレ必死!

【あらすじ】

 空間を切り裂き、夢界に現れた山羊座(カプリコーン)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)エルシド。
 失ったはずの聖剣(エクスカリバー)で仮象者パンタソスを一刀両断。パンタソスは正体をさらけ出し、消滅した。

 夢界の別の場所では、夢神オネイロスと幻夢イケロスがパンタソスの死とエルシドの小宇宙(コスモ)を感じ取っていた。
 腕を失っても悲鳴を挙げなかったエルシドに興味を持ったイケロスは、自身の司る恐怖症(フォビア)にどれほど耐えられるのか、試してみたいという思いに駆られる。

 一方の天馬星座(ペガサス)テンマは、造形者モルペウスの治めるモルフィアで、永遠に覚めない夢の中にいた。

 テンマは故郷の孤児院で平穏な日々を送っていた。そして、その暮らしに、違和感があるくらいの懐かしさを覚えていた。
 辺りをぶらついてくると言うテンマに、アローンは、野犬が多くて危険だから、北の山付近には近づかない方がいいと忠告する。

 だが、サーシャはテンマをその北の山に連れて行こうとする。
 彼は一瞬躊躇するが、「一生のお願い!一緒に来て!」と言われ、その声を強く感じたため、ともに北の山に向かう。

 北の山には美しい花園が広がっていた。
 神殿跡で、テンマはサーシャに、黄金の矢を胸に受け、眠り続ける射手座(サジタリアス)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)シジフォスの姿を見せられる。

 その頃、モルペウスは自身の治めるモルフィアに歪みを感じていた。

【感想】

 パンタソスの正体は男でした。。
 “仮象者”ということで、どうやら、自身の姿を変えていたようですね。f^_^;

 モシャスのような能力かな?
 だったら、もっと有効な使い道もあるだろうに。(苦笑)

 そして、予想通り?テンマは夢の中でシジフォスと邂逅しました!

 どうやってシジフォスの目を覚まさせるのか、そして、モルフィアから脱出するのかが、来週以降の焦点になりそうです。

 また、テンマをシジフォスの下へと導いた、夢の中のサーシャは、明らかに、本人の意志を持っていますね。アローンもそれに気付いていそうな感じ。

 モルペウスが感じた歪みは、サーシャ=アテナの介入によるものかもしれません…。

【今回の名台詞】

「あと三神!!」(エルシド)
→パンタソスをものともせず、倒したエルシド。つええっ!この男、残り三神も倒すつもりだ…!

「テンマ!一生のお願い!一緒に来て!」(サーシャ)
→「一生のお願い」って。。f^_^;でも、サーシャにこんなこと言われたら、テンマとしては絶対に断れないよな。(笑)

画像の出典:『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』(原作:車田正美、漫画:手代木 史織、秋田書店)


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.321 sec. Powered by WordPress ME