2008/3/27 木曜日

THE LOST CANVAS 第78話 夢界の芥子

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 7:53:20

THE LOST CANVAS 第78話 夢界の芥子
 [週刊少年チャンピオン17号掲載]
※ネタバレ必死!

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』単行本(コミック)第8巻は4月8日(火)発売です!

【あらすじ】

 テンマの体より次々と生えてくる謎の花。

 造形者モルペウスは、それが夢界に咲く芥子(けし)の花で、咲き乱れた花の色と数だけ根付いた相手の感情を奪うのだと教えた。

 彼はテンマが無気力な抜け殻と化してから、再びモルフィアの夢に閉じ込める魂胆なのだ。

 「お前の夢なんか二度とゴメンだぜ…!!」と立ち上がるテンマだが、その瞬間、まずは“怒り”を失った。

 続いて、“不安”、“恐怖”、“焦り”、“悔しさ”、“哀しみ”、“郷愁”、“愛情”、“使命感”…と、次々と感情を失っていくテンマ。

 モルペウスはテンマに背を向け、その場を去ろうとするが、テンマの中では心も小宇宙(コスモ)も燃えず、何もかもどうでもよくなってくる。

 その時、門の中の夢が彼に語りかけてきた。

 テンマがそこに見たのは、女神アテナを守って冥王ハーデスと闘う、神聖衣(ゴッドクロス)を纏った天馬星座(ペガサス)の聖闘士(セイント)-星矢-の姿。

 ハーデスの顔がアローンに変わる。

 テンマの体より花はなおも咲き続けた。
 その内に秘める感情の大きさに驚くモルペウス。

 いや、感情ではなく、それは…

天馬星座(ペガサス)テンマ 神聖衣(ゴッドクロス)

 テンマの意志力に反応し、天馬星座(ペガサス)の聖衣(クロス)が神聖衣(ゴッドクロス)へと姿を変えた!

 神話の時代、アテナと地上の人々を守るためならば、神にすら弓をひいた意志力-それこそが、ヒュプノスが天馬星座の聖闘士を危惧する理由だった。

 その力を試そうと、受けて立つモルペウスだが、

天馬星座(ペガサス)の神聖衣(ゴッドクロス)を纏ったテンマの力

 魂に刻まれた本能の力はモルペウスを一瞬にして撃破!

 闘いを終えたテンマの聖衣は青銅(ブロンズ)のそれに戻っていた。

【感想】

 テンマが神聖衣(ゴッドクロス)を纏いました!

 まさにこれは神展開!!

 テンマが神々を相手に闘うには急成長が必要とは思っていましたが、大方の予想では黄金聖衣(ゴールドクロス)を纏うのかと…。

 それが、原作での最終決戦仕様の神聖衣とは!!

  さらに、原作の星矢&アテナ&ハーデスも登場!!

 まさかの激熱展開でしたが、最後のページで青銅聖衣に戻ったところを見ると、今回の神聖衣装着は一時的なもののようです。

 しかし、この力を自在に操れるようになれば、黄金聖闘士以上の活躍が出来る訳で…。

 今後の展開に注目です!!

【今回の名台詞】

「そう、君はね…」(アローン)
→テンマに語りかけてきたハーデス=アローンのイメージ。彼もテンマとの再会の約束を忘れてはいないようですね!

「そうか、天馬星座、それがお前の…魂に刻まれた本能…。」(モルペウス)
→テンマの魂そのものが持つ、青銅聖闘士以上の力=何者にも負けない意志力。これが神聖衣を呼び起こしたのか…!?

画像の出典:『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』(原作:車田正美、漫画:手代木 史織、秋田書店)


コメント (2) »

  1. wow…we didn’t get to see morpheus full potential. Hopefully Oneiros will make up for it.

    コメント by odysseus08 — 2008/3/27 木曜日 @ 12:45:48

  2. >odysseus08

    Thank you for your comment!

    I’m also waiting for next good battle between Oneiros and Tenma.

    コメント by 聖闘士 星矢 — 2008/3/28 金曜日 @ 11:50:47

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.349 sec. Powered by WordPress ME