2007/9/21 金曜日

LC第53話 幽閉

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — admin @ 6:42:02

[週刊少年チャンピオン43号掲載]
※ネタバレ必死!

【あらすじ】

蟹座(キャンサー)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)マニゴルドによって、聖域(サンクチュアリ)内の牢獄に幽閉されてしまったテンマ。

一方、ハーデス城では、テンマの暗殺が失敗に終わったことを悟ったパンドラが今回の勝手な振る舞いがハーデスやヒュプノス・タナトスの双子神に知れることを恐れていた。

しかし、事態は既に三者の把握するところであり、ヒュプノスはパンドラに、ハーデスを自分たちが用意した特別なアトリエに案内し、鍵をかけるよう、提案する。

ハーデスの下に参上したパンドラはその怒りに触れ、謹慎を命じられるが、そこで彼女が目にしたのは、まだ冥王の魂に肉体を奪われる前のアローンがテンマ、サーシャと笑い合う絵だった。

ハーデスはそれをロストキャンバスの仕上げに組み込む『救済の絵』だと言うが、ハーデスがアローンの記憶に毒されていると感じたパンドラは、双子神の力を借りて、空間の歪みに作られたアトリエに冥王を閉じ込めてしまう。

ハーデスのためを思ってのこととはいえ、パンドラは自らのしてしまったことに涙し、三巨頭の残る二人ラダマンティスとアイアコスに招集をかけるのだった。

【感想】

これまでもテンマ暗殺に刺客を送り込み、ハーデスには監視を付けるなど、冥王の思惑に反する行動が目に付いたパンドラですが、遂に主君である神を幽閉してしまいました。

彼女の場合はハーデスへの一途な愛情からの行動のようですが、そこにつけ込むように今回の提案を持ち掛けた双子神の腹の底が気になります…。

テンマとアローンが幽閉されたことで、二人を置き去りにして、闘いは進んでいきそうな気配。

そして、ラダマンティスとアイアコスがいよいよ次週登場か!?
またまた気になるところです。

【今回の名台詞】

「力を貸すぞ、パンドラ。全てはハーデス様のために。」(ヒュプノス)
→この時の彼の邪悪な笑み(笑)が策謀を感じさせます。

「それにお優しいハーデス様ならば、最後にはわかってくださる…。私がいかにハーデス様を愛し、冥王軍のために尽力しているかを!」(パンドラ)
→彼女のこの言葉に嘘はないように思います。しかし、それ故に、ハーデスの心がテンマに傾くのを我慢出来ないのでしょう。ああ、切ないな、パンドラ…。


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.442 sec. Powered by WordPress ME