2008/12/30 火曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第114話 光速拳

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 0:55:43

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第11巻は発売中です!

【あらすじ】 

 ジャミールにおいて、一角獣星座(ユニコーン)耶人たちの前に現れた獅子座(レオ)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)レグルスは、帆船を包む氷に向けてライトニングボルトを放った。
 すると、氷は瞬く間に粒子状に砕け散る。

 驚く聖闘士たちに、耶人は、1秒間に1億発以上を繰り出している光速拳だと言った。

 獅子座との関係を問う鶴星座(クレイン)ユズリハに対し、元聖闘士候補生仲間だったことをレグルス自身が明かした。
 シジフォスが連れてきた彼は、耶人曰く、まさに天才だったのだという。

 傷ついた船を復活させるには手厚い修理が必要だったのだが、前に進み出たのは、狼星座(ウルフ)、海ヘビ座(ヒドラ)、小獅子座(ライオネット)、熊星座(ベアー)の青銅聖闘士(ブロンズセイント)たちだった。
 彼らは、アテナから預かった大役として、決戦までに船を復活させてみせると誓ったのだった。

 一方、聖域(サンクチュアリ)には、ブルーグラードの領主ユニティがオリハルコンを届けに、サーシャ(アテナ)の下に参上していた。

 自らの心の迷いから、水瓶座(アクエリアス)デジェル蠍座(スコーピオン)カルディアの命を奪ってしまったと、罪の意識に苛まれるユニティは、アテナに自らを打ち据えるよう、頭を下げる。
 だが、サーシャは、彼ら二人が最期まで全力を尽くしたことを確認すると、二人とブルーグラードの民とともに、進むべき道を進むよう、ユニティに告げたのだった。

 十二宮を眼下に見るサーシャと射手座(サジタリアス)シジフォスは、十二宮を守る黄金聖闘士は、今や彼と牡羊座(アリエス)シオンだけになってしまったと言った。
 彼の教え子であるレグルスはジャミールへと行っているのだ。

 一刻も早く、オリハルコンを届け、ロストキャンバスへと向かわなければならない。
 本当の最終決戦に向けて。

 そこに飛来する一条の光。

  それは新聖衣(クロス)を纏った天馬星座(ペガサス)テンマだった!

【感想】

  獅子座(レオ)のレグルスは耶人の元聖闘士候補生仲間でした!
  そして、射手座シジフォスの弟子!!

  突然、叩き道具を持ち出し、船の修理に取り掛かった青銅二軍(失礼!)チームの活躍も見逃せません!!

 そして、新聖衣を纏ったテンマの帰還!
 彼がオリハルコンを持ってジャミールに向かうことになるのですね。
 しかし、どのようにして聖衣をパワーアップさせたのでしょうか…?

 そして、第3話に登場した双子座の聖闘士は一体どこへ…?
 シジフォスの口ぶりでは、十二宮にはいないようですが…。f^_^;

  何だかんだで、来年のロストキャンバスが気になります!笑
 

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください!


コメント (5) »

  1. レグルス、明るい(あっ軽い)ですねえ。
    アイオリアとはえらい違いで、少々違和感が。まあいいけど。

    それよりも、「ライトニング・ボルト」
    あれは「ライトニング・プラズマ」の間違いじゃあないのかな?

    1秒間に1億発以上を繰り出している光速拳ってのは「ライトニング・プラズマ」で、「ライトニング・ボルト」は1発だったはずですが。

    それとも昔は違ったのでしょうか?
    ううん。気になる。

    コメント by スーピー君1億129号 — 2008/12/30 火曜日 @ 9:41:24

  2. すいません。書き忘れのネタです。

    出て来た船ですが、まさか「ノアの箱舟」なんて言うのではないでしょうか?
    でも「ノアの箱舟」だとポセイドンに従った人間が使ったものだから、アテアには駄目かな?でもオリハルコンはポセイドンのものだし。・・・

    でなければ「アルゴー船」か。
    今は「りゅうこつ座」など4つの星座に分かれて無くなってしまったが、前聖戦に時代ならまだあったはずの「アルゴ座」。
    神話によれば、女神の命で黄金の羊の毛皮を探して英雄達が旅立つときに使った船ということらしいので、相応しいかなと。
    そして船長として、「アルゴ座」の聖闘士が登場する。

    なんてのはどうでせう。

    それよりも、車田センセのHPにアップされた画像が気になります。
    神聖衣のアテナと青銅聖衣のアンドロメダ瞬
    これは一体?
    天界編?

    コメント by スーピー君1億129号 — 2008/12/30 火曜日 @ 10:14:14

  3. それにしても双子座の聖闘士はいつ出てくるのでしょうかね?

    ついに獅子座も出てきた今、あと正体を見せてないのは双子座だけなのに。何か裏がありそうですね。

    コメント by フォン — 2008/12/31 水曜日 @ 15:20:42

  4. >スーピー君1億129号さん

    返信が遅くなり、ごめんなさい。m(_ _)m

    >それよりも、「ライトニング・ボルト」
    >あれは「ライトニング・プラズマ」の間違いじゃあないのかな?

    私もそれは思いました!
    光の線が無数に走る描写はライトニング・プラズマですよねぇ。
    あの手代木先生が間違えるはずはないと思うのですが。。

    >出て来た船

    確かに「アルゴー船」なら相応しい気がしますが、アルゴ座の聖闘士ではなく、青銅二軍の皆さんが活躍しだしたので(笑)、普通にオリュンポスのどこぞにあった木で作られた船ということで落ち着くのかなと思います。

    原作 完全版20巻の表紙にも登場していますが。
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4088740742/250-8101398-1513864?ie=UTF8&tag=seiya-square-22&linkCode=xm2&camp=247&creativeASIN=4088740742

    >神聖衣のアテナと青銅聖衣のアンドロメダ瞬

    これは2月より連載再開になる車田版 冥王神話(NEXT DIMENSION)ではないですかね。

    前回のラストで星矢が出てきたりと、どうやら、無印とリンクした話になるっぽいので。

    コメント by 聖闘士 星矢 — 2009/1/13 火曜日 @ 12:55:54

  5. >フォンさん

    返信が遅くなり、ごめんなさい。m(_ _)m

    双子座の聖闘士は双子神の調査を任されていたシジフォスのように、何らかの任を負って単独行動を取っているのではないかと思います。

    “カノン島の鬼”デフテロスとも何らかの関連がありそうですね。

    コメント by 聖闘士 星矢 — 2009/1/13 火曜日 @ 15:04:05

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 1.149 sec. Powered by WordPress ME