2009/2/6 金曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第119話 若獅子

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 13:01:44

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第12巻は2月6日発売です!
『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第1巻も同時発売!

【あらすじ】  

 闘いの場を洞穴から地上に移した天狐星ベヒーモスのバイオレート獅子座レグルス

 意気上がるレグルスに、バイオレートは半壊した自らの冥衣(サープリス)の胸部を外す。

 若獅子はバイオレートが女であることに気付くが、それを気にするような相手ではなく、強い「武人」であるとして、挑む。

 彼女の拳をかわすと、その上に乗り、「力の流れもクセも全部覚えた」というレグルス。

 それをへらず口と切り捨てるバイオレートは次なる拳を放つが、それを指先で止めたレグルスは、地獣を岩山に叩き付ける。

 レグルスの洞察力、柔軟性、戦闘センスに驚くバイオレートだが、若獅子に対し、なおも笑みを浮かべる。

 そのころ、希望の帆船の眠る洞穴では、天醜星デッドリービートルのスタンドが現れ、一角獣星座(ユニコーン)耶人をいたぶっていた。

 冥界からやってきたこの冥闘士(スペクター)は、狼星座(ウルフ)ユンカースたちに、「お前たちもいずれ本隊が抹殺しにやってくるだろう」と告げる。

 上空には洞穴を取り囲む、無数のスケルトン。そして、天雄星ガルーダのアイアコスの船の姿があった。

 レグルスが船に気付くと、バイオレートは自らが黄金聖闘士である若獅子を止めるための先鋒に過ぎないことを教える。

 耶人やユンカースたちの下へ戻らねばと焦るレグルスだが、その足下ではバイオレートの影が彼の動きを封じていた!

  自分を超えたと豪語したレグルスに、バイオレートは「いきがった坊やが戦場に来るから、こうなるのだ」と言い、強烈な一撃を喰らわせた!

 
 アニメ化情報『小宇宙通信』はユズリハの設定画の紹介。

  そして、本日6日は、いよいよ12巻の発売日です!

【感想】

  まさかのスタンド再登場です!

 やはり、冥界での一件で、耶人との間に因縁は芽生えていたのですね。f^_^;

  そして、闘いの中で成長していくレグルスの恐るべきポテンシャル!!

 まるで原作の星矢のようですが、天才レグルスの場合、その速度が尋常でなく速いようです。

 しかし、そんなレグルスも、仲間の危機に気を取られている隙に、バイオレートの影に捉われてしまい…船を守る青銅二軍もピンチ!

  この危機に、誰かが駆けつけるのでしょうか!?

  テンマ?シジフォス?それとも…?

 ★「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.327 sec. Powered by WordPress ME