2009/2/27 金曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第122話 意地

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 12:45:07

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第12巻は絶賛発売中です!
『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第1巻も同時発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】  

 天狐星ベヒーモスのバイオレートを超え、遂に打倒した獅子座(レオ)レグルスを謎の衝撃が襲う。

 一方、地下の帆船の前では、一角獣星座(ユニコーン)耶人天醜星デッドリービートルのスタンドにいたぶられていた。

 「女神アテナもヤキが回ったな!!」と、アテナのことをこき下ろすスタンドに、耶人は反論し、まだ希望が残っていると言い放って、ユニコーン ギャロップを仕掛けるが、スタンドに頭を捕まえられ、レグルスは戻らないと、否定される。

 そして、青銅は黄金の寄生虫だと叩かれ、投げ飛ばされるのだった。

 さらに冥王軍がそこに一気に攻め込んでくるが、ザシャアッの足音とともに、耶人の前に立ったのは、狼星座(ウルフ)のユンカースら、青銅二軍の四人だった。

 ユンカースは雑兵たちにも発破を駆け、今、守れるものを精一杯守るよう、諭す。

 彼らは皆で肩を組み、一丸となって、船を守る。

 スタンドは「何が意地だ!!!」と、その壁を打ち砕こうとするが、聖闘士たちの小宇宙(コスモ)に阻まれ、拳が通らない。

 その時、青銅相手に手間取るスタンドを叱咤する声が響き、冥王軍の船が岩壁を突き破って現れた!

  その上にはバイオレートの亡骸を抱えた天雄星ガルーダのアイアコスの姿があった。

 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』は、テンマ役柿原徹也さんと手代木史織先生の対談です。

【感想】

  “小宇宙の壁”発動!
  そこに青銅&雑兵の意地を見た!!

 …といった感じのエピソードでした。

 数で攻める冥王軍に対し、アテナ軍も、末端の雑兵に至るまで、全員が意地とプライドを持って、闘っていることが描かれ、聖戦は総力戦の様相を呈してきました!

  そして、いよいよアイアコスが降臨!

 十字の光に襲われたレグルスはどうなったのか!?
 また、新生聖衣を纏ったテンマはいつ駆けつけるのか!?

  アイアコス編もクライマックスを迎えようとしています!!

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!


コメント (2) »

  1. いや~今回は何が良かったかって、柿原さんの言葉ですね。
    「アニメ版といえば、古谷徹さんの星矢が思い浮かぶ」

    良し、良く言ってくれた。この一言であなたが気に入りました。

    ああ、本編の感想が無い。

    コメント by スーピー君1億129号 — 2009/2/27 金曜日 @ 21:13:56

  2. >スーピー君1億129号 さん

    現役(?)星矢の森田さんではなく、古谷さんを挙げていましたね。

    確かに、古谷徹さんの作り上げた星矢像は絶大ですよね!

    対談は、柿原さんの『聖闘士星矢』に対する思いが伝わってきて、良かったです。(^-^)

    コメント by 聖闘士 星矢 — 2009/3/1 日曜日 @ 0:41:08

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.332 sec. Powered by WordPress ME