2009/5/8 金曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第131話 カルラ墜つ

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 15:39:59

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第13巻は好評発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.1は6月24日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 天雄星ガルーダのアイアコスギャラクティカ デスブリングガルーダ フラップをその身に受け、なおも立ち上がってきた射手座(サジタリアス)シジフォス

 ギャラクティカ デスブリングの余韻はまだ残っているというアイアコスに対し、仲間、未来、地上、アテナを守るため、自らを盾とするシジフォスは、「この勝負、俺が制しよう!」と言い、己の目を潰した。

 しかし、ギャラクティカ デスブリングの衝撃は直接脳に叩きこまれるため、敵はなおも余裕の表情を崩さない。

 …が、シジフォスの狙いは別にあった!

  彼が視覚を絶ったのは、己の感覚を研ぎ澄ませ、小宇宙(コスモ)の真髄エイトセンシズに目覚めるためだったのだ!!

 天馬星座(ペガサス)テンマは、シジフォスの小宇宙に乙女座(バルゴ)アスミタのそれと似たものを感じる。

 そして、射手座の黄金聖闘士(ゴールドセイント)が放った拳は冥衣(サープリス)の頭部を吹き飛ばし、アイアコスに一撃を喰らわす!

 「貴様…それほどの力、何処に隠し持っていた…!?」とガルーダ。

 「この力が俺一人のものではないからよ!」とシジフォス。

 アイアコスは微かにほほ笑み、「…なるほどな。」と呟くと、吹っ飛び、黒船の残骸に突っ込んだ!

  両目から血を流す黄金の勇士は、自らが粉砕したカルラ王に「一人で振るう力は虚しいぞ」と説くのだった。

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、祭壇星座ハクレイとアテナの聖剣の設定が掲載されています!

 さらに、5/14より、アニメ公式サイトにて、webラジオ「ラジオ小宇宙通信」配信決定の報も!

【感想】

  今週は衝撃の連続でした!

  自らの目を潰したシジフォスはエイトセンシズに覚醒!そして、遂にアイアコスを粉砕!!

 原作で目を潰すというと、アルゴル戦の紫龍を思い出しますが、今回のシジフォスは、自らを生かしてくれた同胞たちのため、かつての紫龍以上に、そうする必要があったのかもしれません。

  聖闘士の将として、自らの背負うものに応えたシジフォス。
  アイアコスに語った「一人で振るう力は虚しいぞ」の言葉にも、これ以上ない重みがあります。

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.401 sec. Powered by WordPress ME