2009/7/25 土曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第142話 雲海の別れ

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 23:54:37

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第15巻は8月7日(金)発売!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.2も8月21日(金)発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 射手座(サジタリアス)シジフォスは残された聖闘士(セイント)たちに進むべき道を示し、散っていった。

 その大きな犠牲により、遂にロストキャンバス内部へと突入した希望の船は、雲のドームと雲海に囲まれた空間に出る。

 雲海に落下した希望の船は、ひとりでに進み始めた。

 一角獣星座(ユニコーン)耶人は、天馬星座(ペガサス)テンマに、シジフォスを失い、辛い思いをしているサーシャの傍にいるように勧めるが、テンマはサーシャは今、アテナで、自分は聖闘士なのだから、お互いにそんなことは求めていないという。

 それを肯定する鶴星座(クレイン)ユズリハ

 幼馴染であるテンマとサーシャの関係をひがむようなことを言う耶人だが、今はテンマが背負っているものが分かったから、変わったのだという。

 やがて、船が「この先 過去の愛情を断ち切れ」と書かれた門を通ると、突如霧が立ち込め、テンマの背後にアローン、マニゴルド、エルシドら自らの前を過ぎ去った者たちが現れて、彼に呼びかけた。

 テンマはそれが冥王の罠だと感づくが、もし今、肩でも叩かれたら、振り向いてしまいそうな気持ちになる。

 そんな彼の頭を押さえ、危機を救ったのは耶人だった。

 耶人は、故郷の家族の声が聞こえ、振り返ってしまったが、そこにあったのは振り向いたまま石になったユズリハら仲間たちの姿だったという。

 そう言う耶人の手も、どんどんと固くなっていく。

  「いやだ耶人…俺!!お前とはずっと馬鹿やって…一緒に戦ってけるって思ってたのに…思い込んでたのに!!!」

 涙を浮かべ、抗うテンマ。

 だが、耶人は、嫌いだったというテンマに、

「でも友達だからな、言っちゃうぜ。それでもお前は進まなきゃならねェって。アテナ様と一緒に」

と伝えると、完全に石となったのだった。

  その様子を希望の船の横で見ていた冥闘士が一人。
  -天間星アケローンのカロンだった!

 
今回のアニメ化情報『小宇宙通信』には、アスミタ役石田彰とアルバフィカ役神谷浩史のインタビューが掲載されています!

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.318 sec. Powered by WordPress ME