2009/10/14 水曜日

NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) Part19 時空の扉

Filed under: 今週の『NEXT DIMENSION 冥王神話』 — 聖闘士 星矢 @ 22:01:09

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第1巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻も好評発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】  

 時の神クロノスの下へと案内するという魔女ヘカーテに連れられ、女神アテナが辿り着いたのは星雲の湖だった。

 過去と未来が混在しているそこは、まさしく地上における時空の扉なのだ。

 突如として、星雲に響く声。

 遂にクロノスと邂逅するアテナだが、時の神は彼女の体の自由を奪うと、「みだりに時を乱す者はその身をひきちぎり、宇宙にばらまいてくれる」と言い放つ。

 必死に訴えるアテナだが、クロノスは聞く耳を持たず、ヘカーテを一千光年の彼方へと消しとばす。

 「次は小娘、おまえだ」の声に、聖衣(クロス)の盾で防御しようとするアテナだが、盾は弾け飛び、アテナの体も星雲に吸い込まれていく。

 一方、月の女神アルテミスの側近カリストは、アテナ抹殺の任より戻った部下のラスクムーンの報告により、更なる聖闘士(セイント)=鳳凰星座(フェニックス)一輝の到来を知ると、アテナの増長がオリンポスすべての神々の怒りを買うことになると危機感を募らせる。

 アテナはアンドロメダ星座 瞬のチェーンにより引っ張り上げられ、危機を脱するが、次には星雲が二人の前に迫ってくる!

 アテナを引き戻した瞬の力に驚きを覚えたクロノスは、二人に何者かと問う。

 アテナは自らの名を名乗り、再び大神に願いと決意を伝える。

 「運命を変えることはできぬ」というクロノスだが、一命を賭してやってきたという、ゼウスの娘の訴えを、条件付きで呑むのだった。

 それは二人の目の前に現れた巨大な砂時計の中の星が落ち切るまでの三日以内に前聖戦の時代より帰ってこなければ、永久に過去にとりのこされるというものだった。

 さらに、クロノスは「目の前でなにがおころうとも、歴史を変えるような手出しをしては絶対にならぬ」と言う。

  手と手を繋ぐ花の鎖で固く結ばれたアテナと瞬は、前聖戦の時代へと繋がる赤い星雲に足を踏み入れ、時を遡る!

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.432 sec. Powered by WordPress ME