2009/10/28 水曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第154話 魔拳

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 19:54:48

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 「双子座(ジェミニ)の神髄は我にある!」と語る双子座の冥闘士(スペクター)アスプロスは必殺のギャラクシアンエクスプロージョンを放つが、弟である双子座の黄金聖闘士(ゴールドセイント)デフテロスは掌から血を流しながらも、それを受け止めた。

 過去に兄を葬った経験のある弟は、掌で燻る小宇宙(コスモ)を握り潰すと、「何度だって殺す!!貴様が邪悪として復活するならな!!!」と、反撃の拳を繰り出そうとする。

 だが、あくまで影である弟を認めない兄は、次に幻朧魔皇拳を放つ。

 幻朧魔皇拳-それは、相手の頭脳を支配する禁断の魔拳。

 デフテロスの脳裏に二年前の記憶が蘇る。

 その頃、聖域(サンクチュアリ)では、心技体に優れた双子座のアスプロスではなく、射手座(サジタリアス)のシジフォスが次期教皇に指名されそうだという噂が駆け巡る。

 その噂を耳にしたデフテロスは、兄の小宇宙を辿り、スターヒルを訪れる。

 そこには、教皇に選ばれなかった失望から荒れる兄の姿があった。

 自らの存在を世界にしらしめるいうアスプロスは、スターヒルには何でもあると語った。

 聖域の歴史、星見の結果、封印された魔拳、そして、アテナの血の秘密さえも…。

 デフテロスはアテナの血の入った小瓶を兄から奪い取ると、「血迷ったか、アスプロス!!!」と叫ぶ。

 だが、口元に笑みを浮かべ、「…影が、誰のお陰で生きているのやら!」と切り出したアスプロスは、刹那、弟を幻朧魔皇拳で支配し、崖から落とす。

  兄が弟に命じたのは教皇の暗殺だった!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、遂に発売されたOVA第3巻の名シーンが公開されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.344 sec. Powered by WordPress ME