2009/11/18 水曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第157話 鬼の如く

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 22:15:59

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 乙女座(バルゴ)アスミタの導きによって、己自身を見出し、幻朧魔皇拳の呪縛に抗ったデフテロスの拳は兄である双子座(ジェミニ)アスプロスの胸を貫いた。

 「影」「傀儡(くぐつ)」「模造品(レプリカ)」「二番目」
 何とでも言え、たいした言葉でもない。
 別に俺たちは、光でも影でもなかったのだから!!!

 魔拳を打ち破ったデフテロスの決意によろめくと、背後の壁幕を掴み、鋭い目つきで教皇を睨むアスプロス。

 そんな男に、教皇セージは次期教皇の座は彼のものになるはずだったことを告げる。

 射手座(サジタリアス)シジフォスはすでに教皇候補を辞退しており、その心に歪みなど存在しないと示せれば、アスプロスが教皇に選ばれていたのだ。

 「アスプロスよ、…何故…私の策にはまったのだ!!!」

 声を上げて嘆くセージ。

 すると、アスプロスは不気味に笑い、自らの脳に幻朧魔皇拳を撃つと、「死して後、その座、受け取りに参りましょう」と言って、果てるのだった。

 セージはデフテロスに詫びるが、裏切り者の弟は、これは自らの心に潜み続けた引け目が招いたことだから、謝る必要はないと告げ、兄の遺体を抱える。

 そして、やがて来る戦いに備え、カノン島で鬼の如く力を求め続けると言うデフテロスに、セージは双子座の聖衣(クロス)を託す。

 
 今、ロストキャンバスの火星(マルス)に立つデフテロスの眼前には、半身であり宿敵である兄の姿があった。

 双子座の冥衣(サープリス)を纏ったアスプロスは、幻朧魔皇拳を受けた弟にアテナの首をとってくるよう命じるが、次の瞬間、宮全体がマグマの海に包まれる!

 それは再び魔拳を破ったデフテロスの起こしたものだった。

  そして、二番目と呼ばれた男は、全てを、己を、屈服させる自我の力を兄に叩きつける!
 猛るこの星の我 マウロスエラプションクラストによって!!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、天孤星ベヒーモスのバイオレートの設定画と新商品のジグソーパズルの紹介がされています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.328 sec. Powered by WordPress ME