2009/11/26 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第158話 半端

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 0:11:46

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 カノン島で修業を積み、自我を掴み得た双子座(ジェミニ)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)デフテロスは、“猛るこの星の我”マウロスエラプションクラスト双子座の冥闘士(スペクター)アスプロスに放つが、兄はそれを「半端」と片づける。

 そして、マウロスエラプションクラストの威力をも取り込んだギャラクシアンエクスプロージョンを弟に放った。

 「何故、使わなかった、双子座最強のギャラクシアンエクスプロージョンを」と問う兄に、デフテロスはそれを絶対に撃たないだけでなく、「この技を今の貴様が放つのすら、虫唾が走る…!!!」とまで言う。

 そんな弟を半端だと切り捨て、頭を踏みつけるアスプロスは、デフテロスの記憶の優しい兄は全て幻想だと語った。

 さらには、「俺なら、悪と呼ばれる行いでも実行する」と豪語し、地上と冥界を支配するという野心を叶えるためなら、弟を利用し、教皇や神々さえも殺すと言い切る。

 次の瞬間、アスプロスの拳先からマグマがトンネル状に弧を描き、その中より立ち上がったデフテロスは、「俺の兄はもう死んだ!!ならばもはや…一片の情を残す必要はないのだな!!?」と言い、双子座最強の技の構えを取った。

 デフテロスは、兄だけに許された不可侵の技であったギャラクシアンエクスプロージョンを、兄の影を討つために放つ覚悟を決めたのだ!

  「我が野望に死ね!!デフテロス!!!」
  「アスプロスゥァァァ!!!」

  殺意も尊敬も良き思い出も銀河に散らす、兄弟のギャラクシアンエクスプロージョンが、今、ぶつかり合う!!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、21日に発売となる聖闘士聖衣神話「ベヌウ輝火」が紹介されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.343 sec. Powered by WordPress ME