2010/3/24 水曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第173話 歴史の咆哮

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 23:56:06

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第18巻も好評発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 第七獄(プリズン)コキュートスに眠る前戦士たちの想いを受け、彼らと共に立ち上がった牡羊座(アリエス)シオンだが、その手に持つ書で全てを知る天英星バルロンのルネに対し、勝ち目はないかに思えた。

 「お前が知るのは、過去の私だけだろう?」と言うシオンが取った構えは、かつて師ハクレイ眠りの神ヒュプノスを倒した大技。

 シオンはその技を師から受け継いでいない。また、見よう見真似で出来る技でもない。

 だが、彼は彼自身が忘れられない師の背のように、自らも全てを抱える覚悟なのだ。

  そして、放たれた積尸気転霊波!

 それはルネとその書を砕いた。

 書に記された以外のことが起こり、信じられないという思いに駆られるルネだが、シオンはそれをルネの見落としてきた「歴史の咆哮」だと言った。

 ルネは初めて会った時から知っていたのだ、全てを背負うことの出来る、彼のその素質を。

 幾多の魂が巻き起こした光の暴発の中で、自らが認めた「統べる者」の素質に満足の笑みを浮かべながら、ルネは散った。

 転霊波の勢いでコキュートスよりロストキャンバスの「金星」に戻ったシオンは、死んでいった黄金聖闘士(ゴールドセイント)たちや師ハクレイの歴史を記した書のページが舞う中、今生きている仲間たちの下へと急ぐ。

 一方、次の魔宮「地球(テラ)」があるはずの場所に辿り着いた天馬星座(ペガサス)テンマたちだったが、そこに魔宮の姿はなく、黒い炎のアンクだけが揺らめいていた。

  そして、そのアンクを自身の人間としての情の墓標だと言う、天暴星ベヌウの輝火が現れる!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、OVA第6巻の発売日とスクリーン上映イベントファイナルの情報が掲載されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.378 sec. Powered by WordPress ME