2010/4/17 土曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第176話 獣の時間

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 17:03:26

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第18巻も好評発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 天暴星ベヌウの輝火の作りだした黒い太陽に体内の水分を奪われ、朦朧とする天秤座(ライブラ)童虎の脳裏に、師の記憶が蘇る。

 廬山五老峰の水底へと潜っていく童虎の目の前に、「決して渇くな」と語り掛ける声。

 その声の主は巨大な龍だった。

 「はい、老師(せんせい)」と童虎。

 突然苦しみだす龍は、弟子に下がるように言うと、「人として死ぬ!!!」と、天に昇っていった。

 魔宮「地球(テラ)」に立つ輝火の肩に水滴が落ちる。

 天を仰ぐと、そこには黒い太陽を締め付け、雨を降らせる巨大な二匹の龍の姿があった。

 童虎は輝火に語り掛ける。

  「おぬしの凶暴でどこか哀し気な目は、わしの老師(せんせい)に似ておるんじゃなァ」

 童虎の師は出会った時には一千歳を数え、若い頃に婚約者を亡くし、拳の道に没頭したのだという。

 だが、最愛の人を失った渇きを誰にも暴かれぬよう、孤独に徹し、凶暴な獣の時間を過ごす中で、人外へと堕ちたのだという。

 童虎は輝火も人をやめそうだと言い、黒い太陽を砕く。

 降りしきる雨の中、「せめて陽の下で生きようとは思わんのか!?」と問う童虎に、輝火は自分は既に化物だと言い、全てを灼きつくそうと拳を振るう。

 「陽の下だと…?太陽が今まで俺に何を与えた…」「アローン様さえ守り切れれば、人ですら捨てる!!!」と輝火。

  だが、その拳を受け止めた童虎は、かつてのアルデバランと同様に、輝火を救おうと思うのだった。

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、OVA第6巻収録の名シーンが公開されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.333 sec. Powered by WordPress ME