2010/6/9 水曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第181話 主君

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 22:14:04

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第19巻も絶賛発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 天猛星ワイバーンのラダマンティスを犬と呼ぶパンドラは、その部下である天哭星ハーピーのバレンタインに蛇を巻きつけ、ノーブルベノムの電撃で調教しようとする。

 それを撥ね退けるバレンタイン。

 彼は自らが受けた痛みよりも、主であるラダマンティスが犬と笑われたことが許せなかったのだ。

 彼が知る主の忠誠心はもっと高潔なものだった。

 三巨頭として一軍を率い、火のような悪鬼にも冷徹者にもなったラダマンティスは心臓すら己でえぐった。

 彼を突き動かす戦場や主君は、絶対的に神聖なものだったのだ。

 常にラダマンティスの傍に仕えていたバレンタインは、ラダマンティスの真摯な思いを長きに渡って見てきた。

 それがパンドラのような毒婦のためであるはずがない!

 だが、その毒婦はバレンタインの思いさえも青臭い思い出話と笑った。

 彼女にとって、冥闘士(スペクター)の命など、物でしかなく、ハーデスの姉である自分がどう使おうと構わないと考えていたのだ。

 その盲執がバレンタインは我慢出来なかった。

  「スウィートショコラーテ!!!」

 パンドラに襲いかかるハーピーの群れ。

 彼女の生命力と魂を貪り尽くすハーピーたちの姿を背に、バレンタインは「ラダマンティス様も私も、もう貴女の飼い犬じゃない!」と決別を宣言する。

 彼は木星(ジュピター)の守り人としてアローンに仕える決意なのだ。

 だが、そんな決意を野良犬以下と断ずる声。

 「お前はもはや仕付ける価値もない!!!」「処分する!!!」

 ハーピーたちを切り裂いて、パンドラが立ち上がった。

 弾き飛ばしたバレンタインに止めの槍を振り下ろすパンドラ。

 だが、扉の向こうより、魔宮を揺るがすかの如き咆哮が響き渡る。

  そして、神の力をその身に宿した翼竜ラダマンティスが扉を破り、姿を現した!!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、OVAファーストシーズンのTV放送とネット配信の特集、セカンドシーズンの新たな設定画などが公開されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.337 sec. Powered by WordPress ME