2007/11/9 金曜日

LC第60話 蠅の女王

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 9:09:59

LC第60話 蠅の女王
[週刊少年チャンピオン50号掲載]
※ネタバレ必死!

【あらすじ】

死したテンマの故郷の子どもたちを操り、けしかけた女性に、テンマは怒りの流星拳を放つ。

しかし、女性を取り囲む蠅の大群により、弾き返され、彼女は自らを死の神タナトスより森の番人を任された「天究星ナスのベロニカ」と名乗った。

ベロニカは口から大量の蠅を吐き出し、それはテンマの皮膚を食い破り、危機に陥れる。
その時、ストールが窓を割り、ユズリハと耶人が助っ人に現れた。

生者を「気持ち悪い」と言い切るベロニカは三人を屋外へと飛ばし、大量のゾンビに取り囲ませる。

そして、テンマたちに襲いかかったゾンビの大群だが、次の瞬間、次々と魂が抜かれていった。

それはベロニカを「オカマ」と言い放つ、蟹座(キャンサー)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)マニゴルドの積尸気冥界波(せきしきめいかいは)だった。

マニゴルドはテンマに「弱ェくせに、はねっ返りはひっこんでろってな!!」と告げ、ベロニカと対峙する。

【感想】

上のカラー扉絵を見て下さい!テンマ、耶人、ユズリハの主人公パーティにマニゴルドが加わっています。w

この時点で、今回のマニゴルド登場は予測出来たのですが、やはりやってくれました!(何)
次回は彼の真の実力が見れそうで、楽しみです。

それにしても、ベロニカはオカマだったんですねぇ。。
そして、冥闘士(スペクター)であるということは、あの服の下に冥衣(サープリス)を着ているのでしょうか…?

これまでにないタイプの冥闘士なので、気になるところです。

【今回の名台詞】

「…いやだわ。生者がこんなに揃うなんて…。あなたたちの生温かい汗も血も息も不潔で大嫌い!」(ベロニカ)
→ベロニカの強烈なキャラクターを物語っています。w彼女の哲学(?)は、死者を生き返らせ、闘わせるのが嫌いなハーデス(=アローン)と少しかち合いそうですが。。

「あ!テメェ!マニゴルド!」(テンマ)
「さん付けしろ、青銅がァ!また監禁すっぞ!!」(マニゴルド)

→テンマとマニゴルドの会話は面白いですね。wマニゴルドは意外といいヤツそうです。

画像の出典:『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』(原作:車田正美、漫画:手代木 史織、秋田書店)


コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

★ファン同士の語り合いを希望される方は、「聖闘士星矢コミュ ~聖域~」のフォーラムを是非、ご利用ください!

HTML convert time: 0.363 sec. Powered by WordPress ME