管理人のブログ:神々の闘いの系譜
(登録ユーザ数:45372名)

 この世に邪悪がはびこる時、必ずや現れるという希望の闘士、聖闘士(セイント)。

 女神アテナの生まれ変わりである城戸沙織の下に集った星矢紫龍氷河一輝を中心とした青銅聖闘士(ブロンズセイント)が聖域(サンクチュアリ)を支配するサガや地上の支配を狙う神々と戦う。

 原作は大きく分けると、「サガ反乱編」(聖域編と呼ばれることもある)「海皇ポセイドン編」「冥王ハーデス編」に分かれる。

 「サガ反乱編」では、聖衣(クロス)を持ち帰った星矢たちを、聖闘士同士の闘いによる大会「銀河戦争」(ギャラクシアンウォーズ)が待ち受けており、私闘を演じたとの理由で、聖域より白銀聖闘士(シルバーセイント)たちが刺客として送り込まれた。

 やがて、城戸沙織がアテナであることが分かると、星矢たちは彼女とともに聖域に乗り込み、十二宮を守る黄金聖闘士(ゴールドセイント)たちを倒して、教皇に成りすましていた双子座(ジェミニ)の聖闘士サガを倒す。

 「海皇ポセイドン編」では、海商王ジュリアン・ソロの体を借りて蘇った海皇ポセイドンの野望を挫くため、星矢たちは海底神殿に乗り込むが、ポセイドンを操っていたのはサガの弟カノンであった。

 「冥王ハーデス編」では、243年前の聖戦で封印されていた108の魔星が蘇り、冥王ハーデスの僕、冥闘士(スペクター)たちが聖域に侵攻。星矢たちはアテナのあとを追い、冥界へ乗り込むと、ハーデスの真の肉体が眠るエリシオンにおいて女神の聖衣をアテナに渡し、冥王を倒した。

 アニメでは、「サガ反乱編」の後に「アスガルド編」が入り、「海皇ポセイドン編」に話を繋げている。

 原作の連載終了後もファンの間には新作を望む声が絶えず、2004年にはその後を描いた「天界編 序奏〜overture〜」が劇場公開された。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2160, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2008-07-02 (Wed) 13:12:47 (JST) (3980d) by seiya
Amazonお勧め商品
onepiece goods
聖闘士聖衣神話 ドラゴン 紫龍 (神聖衣)
アテナの血によって甦った究極の聖衣!神聖衣、第3弾!ドラゴン紫龍登場!ドラゴンの特徴であるドラゴンの盾はもちろん、神聖衣の特徴ともいえる背後の大きな翼も再現。聖衣はオブジェ形態への組み替えも可能。【セット内容】素体フィギュア・ドラゴン神聖衣(アーマー)・オブジェフレーム
発売日:2010/03/25
価格:¥6,825
amazonimg

onepiece goods
聖闘士聖衣神話ぺルセウスアルゴル
白銀聖闘士の中でも屈指の実力者、ペルセウスアルゴル登場!視線で相手を石化する能力を持つ「メドゥサの盾」は劇中同様に背中と左手に装着可能。そしてアニメ、原作でデザインの異なるマスクや腰前のアーマーなどを2種類付属。なので両方のデザインを再現可能!【付属品】アーマー一式・オブジェ用フレーム
発売日:2010/02/27
価格:¥5,250
amazonimg

[PR]
聖闘士星矢データベース最新
Powered by XOOPS Cube 2.0
Copyright (c) 2010 聖闘士星矢コミュ 聖域 〜サンクチュアリ〜 All right Reserved.
Valid XHTML 1.0 Transitional