管理人のブログ:神々の闘いの系譜
(登録ユーザ数:45372名)

おおいぬ座(大犬座、Canis Major)は、冬の南天に見られる星座である。トレミーの48星座のうちの1つ。

◆天体 シリウス(Sirius) おおいぬ座α星シリウス(Sirius)は、地球から見える太陽の次に明るい恒星である。この星は、太陽から非常に近い恒星のうちの1つである。シリウスの意味は、灼熱である。なおシリウスは中国語では「天狼」と呼ばれる。

その他の固有名のある星 おおいぬ座はシリウス以外にも明るい星が沢山ある。 特に、ε星のアダーラ(Adara)は等級が1.5であり、僅差で1等星の座を逃している。 また、δ星のウェズン、β星のムルジム、η星のアルドラと2等星も4つ持っている。

β星:ミルザム(Mirzam) γ星:ムリフェイン(Muliphein) δ星:ウェズン(Wezen) ε星:アダーラ(Adara) ζ星:フルド(Furud) η星:アルドラ(Aludra)

その他の恒星 おおいぬ座VY星はLC型の脈動変光星として知られている。

◆神話 ごくごく初期、この星座は Laelaps(Acteonの猟犬)を表わした。また、時々月神ディアナの猟犬プロクリスや、虹神オローラからアテネの猟師ケパロス(Cephalus)に与えられたものと考えられた。非常に速く走る犬だったのでこれに感心した大神ゼウスによって天に上げられたという神話も有名である。

ケパロスの猟犬ライラプスに関してはまた少し違う神話もある。この犬は神により絶対に獲物を捕まえる犬にされていた。そのころ、テーバイの町に、絶対に捕まらないキツネがいた。悪さをするので困ったテーバイ市民は、ケパロスに犬を借りた。ところが、このキツネは、神により絶対に捕まらない運命のキツネにされていた。捕まっても捕まらなくても、神のまじないが無効になるので、困った大神ゼウスは両者を石にし、ライラプスは空に上げておおいぬ座とした。

最も一般的には、おおいぬ座(あるいは、シリウスのみ)はオリオンの猟犬という見方である。Aratos、ホメロス、ヘシオドスによれば、オリオンがこの犬を連れてウサギ(うさぎ座)を追いかけているところという見方がされる。あるいは、オリオンの相手は雄牛(おうし座)と見られることもある。ギリシャ人にとっては犬は1匹だが、ローマ時代はこいぬ座をオリオンの第2の犬と呼んだ。

また、ヘーラクレースが捕らえた地獄の番犬ケルベロスであるとする説もある。

ローマ神話では、おおいぬ座はエウロパの番犬(Custos Europae)と呼ぶ。ただし、この犬は、大神ユピテルがエウロパ(ギリシア神話ではエウロペ)を誘拐するのを防がなかった。(防がなかった功績を称えてユピテルにより星座にされたという見方のようである)

◆この星座の聖闘士 シリウス『聖闘士星矢』


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1694, today: 2, yesterday: 0
Last-modified: 2008-07-28 (Mon) 15:58:17 (JST) (4224d) by seiya
Amazonお勧め商品
onepiece goods
聖闘士聖衣神話 ドラゴン 紫龍 (神聖衣)
アテナの血によって甦った究極の聖衣!神聖衣、第3弾!ドラゴン紫龍登場!ドラゴンの特徴であるドラゴンの盾はもちろん、神聖衣の特徴ともいえる背後の大きな翼も再現。聖衣はオブジェ形態への組み替えも可能。【セット内容】素体フィギュア・ドラゴン神聖衣(アーマー)・オブジェフレーム
発売日:2010/03/25
価格:¥6,825
amazonimg

onepiece goods
聖闘士聖衣神話ぺルセウスアルゴル
白銀聖闘士の中でも屈指の実力者、ペルセウスアルゴル登場!視線で相手を石化する能力を持つ「メドゥサの盾」は劇中同様に背中と左手に装着可能。そしてアニメ、原作でデザインの異なるマスクや腰前のアーマーなどを2種類付属。なので両方のデザインを再現可能!【付属品】アーマー一式・オブジェ用フレーム
発売日:2010/02/27
価格:¥5,250
amazonimg

[PR]
聖闘士星矢データベース最新
Powered by XOOPS Cube 2.0
Copyright (c) 2010 聖闘士星矢コミュ 聖域 〜サンクチュアリ〜 All right Reserved.
Valid XHTML 1.0 Transitional