管理人のブログ:神々の闘いの系譜
(登録ユーザ数:45372名)

はくちょう座(白鳥座、Cygnus)は、星座でありトレミーの48星座のうちの1つ。

十字架型をしているので、北十字ともいう。キリスト教ではこの星座を、キリストの磔の十字架と重ねて考えることがある。

はくちょう座は北天の有名な星座の1つである。この星座は「北の十字」とも呼ばれ、しばしば、みなみじゅうじ座と対比される。この星座は天の川の上に翼を広げ、北から南に向けて飛ぶ形をしている。夏の代表的な星座である。

◆主な天体 天の川の上にあるので、多くの星団と星雲がはくちょう座の中にある。北アメリカ星雲NGC 7000は、デネブのすぐ東にある。写真に撮ると、この星雲が北アメリカ大陸によく似ていることがよく分かる。

◆由来 ギリシア神話では、はくちょう座に関する異なるいくつかの神話が伝わっている。

最も有名なのは、大神ゼウスが白鳥に化けた姿というものである。ゼウスはスパルタ王妃レダに恋し、白鳥に化けて接近した。白鳥が去ったあと、レダは2つの

卵を産み落とし、これがふたご座の兄弟ポルックスとカストルとなった。

別の説によれば、太陽の馬車を持ち出したパエトンがゼウスの怒りにふれてエリダヌス川に落ちたとき、彼の姿を探し回る友人キュクノスを、パエトンの父神アポロン(ヘリオスとも)が、天に上げてはくちょう座にしたという。

またある説では、琴の天才オルペウス(こと座を参照)が死んだときに、音楽の神アポロンが天に上げてはくちょう座にしたという。 中国の神話では、はくちょう座は七夕伝説の織女星と牽牛星を結びつけるカササギの橋である。

◆この星座の聖闘士 氷河『聖闘士星矢』


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1312, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2008-07-28 (Mon) 15:07:12 (JST) (4224d) by seiya
Amazonお勧め商品
onepiece goods
聖闘士聖衣神話 ドラゴン 紫龍 (神聖衣)
アテナの血によって甦った究極の聖衣!神聖衣、第3弾!ドラゴン紫龍登場!ドラゴンの特徴であるドラゴンの盾はもちろん、神聖衣の特徴ともいえる背後の大きな翼も再現。聖衣はオブジェ形態への組み替えも可能。【セット内容】素体フィギュア・ドラゴン神聖衣(アーマー)・オブジェフレーム
発売日:2010/03/25
価格:¥6,825
amazonimg

onepiece goods
聖闘士聖衣神話ぺルセウスアルゴル
白銀聖闘士の中でも屈指の実力者、ペルセウスアルゴル登場!視線で相手を石化する能力を持つ「メドゥサの盾」は劇中同様に背中と左手に装着可能。そしてアニメ、原作でデザインの異なるマスクや腰前のアーマーなどを2種類付属。なので両方のデザインを再現可能!【付属品】アーマー一式・オブジェ用フレーム
発売日:2010/02/27
価格:¥5,250
amazonimg

[PR]
聖闘士星矢データベース最新
Powered by XOOPS Cube 2.0
Copyright (c) 2010 聖闘士星矢コミュ 聖域 〜サンクチュアリ〜 All right Reserved.
Valid XHTML 1.0 Transitional