2009/11/18 水曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第157話 鬼の如く

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 22:15:59

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 乙女座(バルゴ)アスミタの導きによって、己自身を見出し、幻朧魔皇拳の呪縛に抗ったデフテロスの拳は兄である双子座(ジェミニ)アスプロスの胸を貫いた。

 「影」「傀儡(くぐつ)」「模造品(レプリカ)」「二番目」
 何とでも言え、たいした言葉でもない。
 別に俺たちは、光でも影でもなかったのだから!!!

 魔拳を打ち破ったデフテロスの決意によろめくと、背後の壁幕を掴み、鋭い目つきで教皇を睨むアスプロス。

 そんな男に、教皇セージは次期教皇の座は彼のものになるはずだったことを告げる。

 射手座(サジタリアス)シジフォスはすでに教皇候補を辞退しており、その心に歪みなど存在しないと示せれば、アスプロスが教皇に選ばれていたのだ。

 「アスプロスよ、…何故…私の策にはまったのだ!!!」

 声を上げて嘆くセージ。

 すると、アスプロスは不気味に笑い、自らの脳に幻朧魔皇拳を撃つと、「死して後、その座、受け取りに参りましょう」と言って、果てるのだった。

 セージはデフテロスに詫びるが、裏切り者の弟は、これは自らの心に潜み続けた引け目が招いたことだから、謝る必要はないと告げ、兄の遺体を抱える。

 そして、やがて来る戦いに備え、カノン島で鬼の如く力を求め続けると言うデフテロスに、セージは双子座の聖衣(クロス)を託す。

 
 今、ロストキャンバスの火星(マルス)に立つデフテロスの眼前には、半身であり宿敵である兄の姿があった。

 双子座の冥衣(サープリス)を纏ったアスプロスは、幻朧魔皇拳を受けた弟にアテナの首をとってくるよう命じるが、次の瞬間、宮全体がマグマの海に包まれる!

 それは再び魔拳を破ったデフテロスの起こしたものだった。

  そして、二番目と呼ばれた男は、全てを、己を、屈服させる自我の力を兄に叩きつける!
 猛るこの星の我 マウロスエラプションクラストによって!!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、天孤星ベヒーモスのバイオレートの設定画と新商品のジグソーパズルの紹介がされています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/11/10 火曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第156話 罪

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 22:38:27

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 教皇の間で迎え撃つ、教皇セージ乙女座(バルゴ)アスミタに対し、弟デフテロスを従えた双子座(ジェミニ)アスプロス
「この戦い程度に千日もかけるつもりはない」
「俺とこいつがいれば、明朝には一人の逆賊に討たれた血塗れの教皇と乙女座の死骸が、この間に転がるだろう!!!」

と豪語した。

 そんな兄の姿に、幻朧魔皇拳に操られた弟の心は苦しむ。

 魔道に堕ちたアスプロスに対し、オームを放つアスミタだが、それを弾いたのはその傀儡(くぐつ)。

 教皇がアスプロスを引き受けている間、アスミタは彼-デフテロスに相対することになる。

 魔拳の支配下にある男の目を見るアスミタ。

 神にもっとも近い男は、デフテロスが捕らわれているのは魔拳だけではないと言う。

 そして、彼の心の世界を彼自身に見せた。

 そこにあったのは、茨に縛られたデフテロスの脳。

 その縛りは、人一人が目の前で死なない限り、解けることはない。

 さらに、アスミタは、デフテロスが魔拳を受けるまでもなく、ずっと兄の傀儡であり、アスプロスの失墜の原因の一端は、彼が影として兄の傀儡に甘んじたこと-それこそがデフテロスの罪だと断罪した。

 「ならば…俺は兄の何であれば良かったのだ!!!」と問うデフテロスに対し、アスミタは自分で答えを見つけるよう、諭す。

 目覚めたデフテロスの眼前には、血に塗れたセージの首に手を掛けるアスプロスの姿。

 兄は弟に、仕上げとして、教皇を葬るよう、命ずる。

 だが、その拳は兄を捉えるのだった!

  己が己であるために、デフテロスは鬼となる道を選んだのだ!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、10月18日に行われたOVAスクリーン上映&出演声優トークイベントの模様がレポートされています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/11/5 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第155話 暗殺劇

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 0:04:40

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 双子座(ジェミニ)アスプロス幻朧魔皇拳に操られた弟のデフテロス教皇セージを暗殺すべく、教皇の間を訪れる。

 影に生きるという宿命を受け入れ、引き受けたことは間違っていたのかと、心の中で兄に問い掛けながら…。

 彼は「私を殺しに来たのだろう?二番目の男(デフテロス)よ」と語る教皇に拳を振るうが、それは寸でのところで止められる。

 そこに現れたのは彼の兄アスプロス自身で、凶星の弟が教皇に謀反の拳を向けるのならば、それは自らの罪も同然であるとして、自らの手による弟の処罰を申し出る。

 「見てはおれんな…」「兄弟同士が殺し合うなど、本来あってはならん」と背を向けた教皇を、双子座の黄金聖闘士(ゴールドセイント)は背後より討とうとするが、それは突如現れた梵字によって弾かれる。

 「見てられんのはお前だよ、アスプロス」と言う教皇は、乙女座(バルゴ)アスミタをその場に呼んでおり、かねてよりアスプロスの心の動きを見抜いていた彼は、聖戦激化の前にその真意を見定めようとしたのだ。

 アスプロスにとっても、射手座(サジタリアス)シジフォス蟹座(キャンサー)マニゴルドでなくアスミタの登場は予想外だったが、弟を傀儡と呼び、自分の側には「銀河を砕く最強の人間が二人いる」と言って、ひるまない。

  アスミタ&教皇セージ VS アスプロス&デフテロス!
  今ここに、二つの千日戦争が起ころうとしていた!

 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、遂に発売されたOVA第3巻の衝撃シーンが公開されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/5/8 金曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第131話 カルラ墜つ

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 15:39:59

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第13巻は好評発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.1は6月24日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 天雄星ガルーダのアイアコスギャラクティカ デスブリングガルーダ フラップをその身に受け、なおも立ち上がってきた射手座(サジタリアス)シジフォス

 ギャラクティカ デスブリングの余韻はまだ残っているというアイアコスに対し、仲間、未来、地上、アテナを守るため、自らを盾とするシジフォスは、「この勝負、俺が制しよう!」と言い、己の目を潰した。

 しかし、ギャラクティカ デスブリングの衝撃は直接脳に叩きこまれるため、敵はなおも余裕の表情を崩さない。

 …が、シジフォスの狙いは別にあった!

  彼が視覚を絶ったのは、己の感覚を研ぎ澄ませ、小宇宙(コスモ)の真髄エイトセンシズに目覚めるためだったのだ!!

 天馬星座(ペガサス)テンマは、シジフォスの小宇宙に乙女座(バルゴ)アスミタのそれと似たものを感じる。

 そして、射手座の黄金聖闘士(ゴールドセイント)が放った拳は冥衣(サープリス)の頭部を吹き飛ばし、アイアコスに一撃を喰らわす!

 「貴様…それほどの力、何処に隠し持っていた…!?」とガルーダ。

 「この力が俺一人のものではないからよ!」とシジフォス。

 アイアコスは微かにほほ笑み、「…なるほどな。」と呟くと、吹っ飛び、黒船の残骸に突っ込んだ!

  両目から血を流す黄金の勇士は、自らが粉砕したカルラ王に「一人で振るう力は虚しいぞ」と説くのだった。

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、祭壇星座ハクレイとアテナの聖剣の設定が掲載されています!

 さらに、5/14より、アニメ公式サイトにて、webラジオ「ラジオ小宇宙通信」配信決定の報も!

【感想】

  今週は衝撃の連続でした!

  自らの目を潰したシジフォスはエイトセンシズに覚醒!そして、遂にアイアコスを粉砕!!

 原作で目を潰すというと、アルゴル戦の紫龍を思い出しますが、今回のシジフォスは、自らを生かしてくれた同胞たちのため、かつての紫龍以上に、そうする必要があったのかもしれません。

  聖闘士の将として、自らの背負うものに応えたシジフォス。
  アイアコスに語った「一人で振るう力は虚しいぞ」の言葉にも、これ以上ない重みがあります。

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!


2008/9/16 火曜日

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』キャラクター列伝 (31) デフテロス

Filed under: 『ザ ロスト キャンバス』キャラクター — 聖闘士 星矢 @ 0:17:02

デフテロス

画像「カノン島の鬼」

【紹介】 

 『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』で描かれた243年前の聖戦で、 天秤座(ライブラ)童虎らを失い、自らの力不足を嘆くテンマの前に、水瓶座(アクエリアス)の黄金聖闘士デジェルが現れ、地中海のカノン島という島の存在を教えた。
 そこに住む鬼ならば、死か力をテンマに与えるだろうと言う。

 そのカノン島では、鬼が聖闘士たちを相手に猛威を振るっていた。
 「弱い…、怒りが湧くほどに…。こんなものなのか…!?最近の聖闘士はーッ!!」
 という鬼は、ペルセウス座の聖闘士を踏み潰し、メドゥサの盾を噛み砕きながら、その場を引こうとする聖闘士たちにも「力なき者は死あるのみ!!!」と宣告する。

 島の洞窟にやってきたテンマが、意を決し、「強くなりてェんだ!!出てこい!!カノン島の鬼!!」と叫ぶと、「イキのいいのが来たな!!!骨まで喰らうか…」と、背後より現れる鬼。
 鬼に圧倒されるテンマだが、膝をつき、弟子にしてくれと頼み込む。
 すると、鬼はテンマに、弟子になりたいのならば、底の見えない奈落に飛び降りてみろと言う。
 「お前が本当に必要とされている人間ならば死なん。力はそういう人間に宿る!!」
 意を決すると、飛び降りるテンマ。
 鬼は「愚かなガキよ!あの世で後悔するのだな、ウワーッハハハハ!!」と高笑いし、その場を去ろうとするが、這い上がってくるテンマ。

 彼は鬼に再び弟子にしてくれと懇願するが、
「こんなものいらん!!!」
 と、聖衣(クロス)の箱を奈落へと落とされてしまう。
 動揺するテンマに
「たわけ!!!強くなりたいのならば、捨ておけ!!」
と言い、ついてくるよう告げる鬼。
 溶岩の大瀑布に案内されると、そこで地鳴りが起こり、テンマは火山が噴火するのではないかと恐れるが、鬼は
「だまれ、カノン島!!!」
と一喝。すると、火山は静まる。
 鬼は言う。
「いい事を教えてやる小僧。強さとは力を屈服させることよ!!!」
 すると、次にはマグマの中へと入っていく。
 マグマをもろともせず、その中を進む鬼は、驚くテンマに「お前には無理か…、だろうな!お前は小宇宙(コスモ)の扱いが、極端に不器用そうだ!」と言い、マグマの球を掌に浮かべると、3日でそれをやるように課す。
 できなければ、弱者のまま殺して喰らうのみと言い捨て、大瀑布の中へと消えた鬼に対して、やるしかない状況に追い込まれるテンマ。
 自分の内から湧きあがる宇宙を丁寧に正確に掌に集中させ、遂にはマグマの球を掌の上に浮かべることに成功するが、そこに鬼が現れ、テンマの首に腕をかけると、マグマの滝の上から放り投げた!

 「では、次の課題だな。」と言う鬼は、次には「力を扱えんのなら、そのまま死ね!!!」と言い放つ。
 鬼が「燃えつきたか…」と呟いた時、マグマが吹き上がり、テンマが現れる。
 「どうだ、出来たぜ!!マグマの中から、死なずに戻ってきたぜ!!!」というテンマに対し、「当然だ」と言い切る鬼。

 再び地鳴りが起こる中、鬼はテンマに最後の課題を告げた。
 「カノン島の噴火、お前の力で止めてみせよ!!!」
 島では、最後の課題に動揺するテンマが鬼に「もし…俺が失敗したら?」と問う。
 すると、鬼は「この世に必要のないものが死ぬだけだろう…!!たとえば、このカノン島に住む人間がな!!」という言葉を突きつけた。
 さらに鬼は続ける。
 「自信がないか?まだ力が足りないから、逃げておくか?なら、あの村は終わりだな。そして、この先、お前は誰も救えん。誰もな!!」と。
 それがテンマの心に火をつけた。
 意を決したテンマは火口へと走る。
 そして、ついには噴火を止めることに成功したのだった。

 その後、テンマを担いで火口を離れた鬼の下に、乙女座(バルゴ)アスミタの霊が現れる。
 アスミタはデフテロスと呼ぶ鬼に「君は人のために力を奮う彼がうらやましいのだろう」と言い、
「戦え、私の分も。強者の君へ旧友(とも)として言おう」
 そう告げた。
 テンマが目を覚ますと、目の前には奈落に落とされたはずの天馬星座(ペガサス)の聖衣があった。

登場 :『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』→コミックス11巻~?

【コメント】

  只今、連載において、その破天荒な言動により旋風を巻き起こしている『カノン島の鬼』ことデフテロスさんです!

 ともかく、これまでの聖闘士星矢ワールドにはいなかったキャラです。
 聖衣を噛み砕くわ、マグマの中にじゃぶじゃぶ入っていってしまうわ…。
 おまけに、「力なき者は死あるのみ!!!」「こんなものいらん!!!」「だまれ、カノン島!!!」など、口にする全てが名台詞!笑

 しかし、黄金聖闘士と同等かそれ以上の力を持っているのは確実で、今後、アテナ側に付けば、大きな戦力となってくれそうです。
 また、乙女座アスミタとは旧知の仲のようで、その関係性も気になるところ。

  ようやく名前が明らかになったばかりのデフテロスさんは、今後も要注目のキャラですよ!!!

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください


2008/9/11 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第100話 噴火

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 12:45:41

デジェル&カルディア
[週刊少年チャンピオン41号掲載]
※ネタバレ必至!

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第10巻は絶賛発売中です!

【あらすじ】

蠍座カルディア登場!

 水瓶座(アクエリアス)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)デジェルが天蠍宮を訪れると、そこでは蠍座(スコーピオン)カルディアが地奇星フログの冥闘士(スペクター)ゼーロスをいたぶっていた。

 何をしていたのかと問うデジェルに対し、彼は直で冥闘士にロストキャンバスへと行く方法を聞いていたという。

 デジェルはアテナの勅命でブルーグラードへ向かうに際し、カルディアについてきて欲しいと頼む。

 「俺はそんな激寒耐えられんし、つまらん任は受けたくない」と一度は断るカルディアだが、「海皇ポセイドン」の名を聞くと目の色が変わり、「神か!!これ以上の獲物があるか!?」と興奮を隠さず、率先して歩き出す。

 一方、カノン島ではテンマが火山の噴火を止めるという最終課題に挑んでいた。

 マグマを止められず、一度は諦めかけるテンマだが、五感が薄れていく中で、第七感=セブンセンシズに近づく。

 そして、

「噴火を止められる!!!」

 ついには噴火を止めることに成功したのだった!

 その後、テンマを担いで火口を離れた鬼の下に、乙女座(バルゴ)アスミタの霊が現れる。

アスミタ登場!

 アスミタはデフテロスと呼ぶ鬼に「君は人のために力を奮う彼がうらやましいのだろう」と言い、

テンマの目覚め 

「戦え、私の分も。強者の君へ旧友(とも)として言おう」

 そう告げた。

 テンマが目を覚ますと、目の前には奈落に落とされたはずの天馬星座(ペガサス)の聖衣(クロス)があり、麓の村を救えたことに歓喜するのだった。

【感想】

  THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス)もついに連載100回目を迎えました!

  巻頭カラー&30Pで、内容も凄かった!

 蠍座カルディアの登場!
 ちょい問題児っぽい雰囲気を漂わせつつ。。

 輝火にやられたかと思われていたゼーロスの再登場!(笑)

 デジェルとカルディアの黄金コラボ実現!

 セブンセンシズに近づき、カノン島の噴火を止めるテンマ!

 アスミタ、まさかの再登場!

 鬼の名前はデフテロス!

 そして、彼はアスミタの旧友(「きゅうゆう」と書いて「とも」と読む・笑)だった!

  おなか一杯の第100話でした!
  次回以降がさらに楽しみになってきましたよ!

【今回の名台詞】

「神か!!これ以上の獲物があるか!?」(カルディア)
→何とも好戦的なカルディアさん。冷静沈着でクールを信条とするデジェルとは正反対ですね。。

「戦え、私の分も。強者の君へ旧友(とも)として言おう」(アスミタ)
→これは、デフテロス参戦のフラグか!?だとしたら、アテナ軍にとっては心強い限りです!

画像の出典:『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』(原作:車田正美、漫画:手代木 史織、秋田書店)

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください!


次のページ »

HTML convert time: 0.730 sec. Powered by WordPress ME