2008/8/29 金曜日

『聖闘士星矢』キャラクター列伝 (35) イワン

Filed under: 『聖闘士星矢』キャラクター列伝 — 聖闘士 星矢 @ 10:43:40

天敗星トロル イワン

画像「天敗星トロル イワン」

【紹介】

 冥界第三獄(プリズン)を守る天角星ゴーレムのロックともう一人の冥闘士(スペクター)が天敗星トロルのイワンだ。

 ロックを突破して第三獄を進む紫龍、氷河、双子座(ジェミニ)カノンの前に現れ、「貴様等どこへ行く!勝手に第三獄を通ることは許さんぞ!!オレの名は天敗星の…」と名乗りかけたところで、氷河ダイヤモンド ダストを喰らい、「て…て…天敗星の……」と、結局己の名を名乗ることなく、倒れる。

登場 :原作→冥王ハーデス(冥界)編
必殺技:グレーテスト・ザ・ペレストロイカ
出身地:旧ソビエト連邦・エベンキ民族管区

【コメント】

  その存在自体がもはや伝説となっているイワンさんです。笑

 名乗る間もなく、倒され、宿星が天敗星であることしか分からないままだった彼ですが、その後掲載された冥衣(サープリス)分解装着図でトロルの冥闘士であることが分かり、2001年に出版された「聖闘士星矢大全」でようやくその名前がイワンであることが判明したのです。

 ちなみに、この「聖闘士星矢大全」では「持久戦に持ちこめば、氷河とて苦戦は必至。だからこそ短期決戦で決着をつけたのだろう。」と、実は実力者であったことが示唆されていますが、氷河がそんな事前のリサーチをしていて、ダイヤモンド ダストを放ったとは到底思えません。。

  そんなイワンさんは、ロストキャンバスでの登場が一番楽しみな冥闘士です。笑
  デッドリービートルのスタンドの例もあるし、今度こそ活躍なるか!?

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください!


2008/8/26 火曜日

『聖闘士星矢』キャラクター列伝 (34) ポセイドン

Filed under: 『聖闘士星矢』キャラクター列伝 — 聖闘士 星矢 @ 12:15:49

海皇ポセイドン(ジュリアン・ソロ)

画像「海皇ポセイドン」

【紹介】

 城戸沙織はギリシアの海商王のひとり息子ジュリアン・ソロと、その誕生パーティーで出会い、プロポーズされるが、それを拒絶する。

 その後、彼はスニオン岬に光る三叉の鉾に誘われ、そこに行くと、人魚姫(マーメイド)のテティスに自らが海皇ポセイドンであることを教えられる。
 テティスに連れられ、海底神殿に辿り着くと、ジュリアンは神の力を持って、地震・津波・洪水を引き起こし、やがて、鱗衣(スケイル)を身に纏って、戴冠する。

 海皇ポセイドンとなった彼は、地上を水害から守るため、やってきた城戸沙織に再び求婚するが、断られ、彼女に地上に降り注ぐ雨を一身に受けることを提案すると、メイン ブレドウィナへと誘う。

 やがて星矢たちが海底神殿へと乗り込み、次々と海将軍(ジェネラル)たちを倒し、蛇遣い星座(オピュクス)シャイナがポセイドン神殿にやってくるが、ポセイドンは神の力により、微動だにせずに、彼女を倒す。

 次に、星矢がやってくると、黄金聖闘士(ゴールドセイント)たちの血によって甦った聖衣(クロス)をも砕き、駆け付けた、紫龍、氷河の聖衣も粉砕する。

 星矢は射手座(サジタリアス)の黄金聖衣(ゴールドクロス)を纏うと、神に向かい、矢を射るが、それは返ってきて、自らの胸に刺さる。
 シャイナ、紫龍も、星矢を守るため、盾になるが、氷河、瞬も交えた5人の小宇宙(コスモ)を矢に込めると、海皇のマスクを飛ばすことに成功する。

 しかし、それにより、ジュリアンの中のポセイドンが覚醒し、三叉の鉾より落雷を放つが、氷河、紫龍はそれぞれ水瓶座(アクエリアス)、天秤座(ライブラ)の黄金聖衣を纏い、その身を守る。

 星矢、紫龍、氷河ペガサス彗星拳、廬山昇龍覇、オーロラエクスキューションを一度に放ち、何とかポセイドンを気絶させると、星矢廬山昇龍覇、ダイヤモンドダストの力を借り、自らをメイン ブレドウィナへと飛ばす。

 星矢の起こした奇蹟によりメイン ブレドウィナは破壊され、海底神殿は崩壊を始める。
 柱の中より現れた沙織の手にしたアテナの壺により、ポセイドンの魂は封じられ、ジュリアンテティスに救われ、記憶を失うが、海魔女(セイレーン)のソレントとともに難民救済の旅に出る。

 ポセイドンアテナと神話の時代にアッティカの土地を巡って争って以来、幾たびか戦争をしていたが、今回の覚醒は海竜(シードラゴン)のカノンに仕組まれたことで、彼自身の意志ではなかった。

 その後、冥王ハーデス エリシオン編において、ジュリアンの肉体に一時的にポセイドンが降臨し、五体の黄金聖衣を星矢たちの下に送っている。

登場 :原作→海皇ポセイドン編

【コメント】

  先週号のチャンピオンのロストキャンバスの連載で、その鱗衣が描かれ、登場が示唆されたポセイドン様です。

  ひょっとして、ジュリアン・ソロそっくりの先代キャラが登場か!?

 今、まさに最も旬な神様と言えるでしょう!笑

  このポセイドンは、9月25日に聖闘士聖衣神話(セイントクロスマイス)として「聖闘士聖衣神話 海皇ポセイドン」「聖闘士聖衣神話 海皇ポセイドン~ROYAL ORNAMENT EDITION~」の2バージョンで発売されることが決定しています。

 原作カラーの「聖闘士聖衣神話 海皇ポセイドン~ROYAL ORNAMENT EDITION~」には、何と、瞑想中の頭部パーツ、玉座、ローブ、三又叉の鉾(布リボン、スタンド付き)、私服カノン用の拳パーツまでが付属しています。

  これは星矢ファンなら、思わずニヤリとしてしまう一品ですね!

 ちょいと値が張りますが。f^_^;

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください!


2008/6/24 火曜日

『聖闘士星矢』キャラクター列伝 (26) フレギアス

Filed under: 『聖闘士星矢』キャラクター列伝 — 聖闘士 星矢 @ 8:04:05

天罪星リュカオン フレギアス

天罪星リュカオン フレギアス 
※『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』にも登場

【紹介】 

 冥界第四獄(プリズン)の暗黒の沼に辿り着いた龍星座(ドラゴン)紫龍白鳥星座(キグナス)氷河双子座(ジェミニ)カノンの前に、イカダに乗って現れたのが天罪星リュカオンの冥闘士(スペクター)フレギアスだった。

 「聖闘士(セイント)はみせしめのために最も重い獄へ堕とすゆえ、死体は運んで来い」との命令を受けており、紫龍廬山昇龍覇氷河ダイヤモンド ダストがまったく通じないほどの、強大な小宇宙(コスモ)を持っていた。

 必殺のハウリング インフェルノ紫龍氷河を一撃のもとに倒すが、カノンギャラクシアン エクスプロージョンに破れる。

 『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』で描かれた243年前の聖戦では、故郷の街に帰ってきたテンマを孤児院で待ちかまえており、ハウリング インフェルノを放つが、受け止められ、ペガサス流星拳に破れる。

登場 :原作→冥王ハーデス(冥界)編
     『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』→コミックス2巻
必殺技:ハウリング インフェルノ
出身地:南アフリカ共和国・オレンジ川流域

【コメント】

 原作、ロストキャンバスとも、瞬く間にやられた印象の強いフレギアスですが、実は…

第三獄を守るロック、イワンを一撃で倒した紫龍と氷河の技を全く受け付けず、二人を一撃で倒したほどの実力者なのです!

 しかし、聖闘士の中でも最強クラスのカノンには歯が立たず。。f^_^;

 無数の牙が特徴的なリュカオンの冥衣は、個人的には聖闘士聖衣神話化して欲しいデザインです。

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!


2008/3/4 火曜日

『聖闘士星矢』キャラクター列伝 (21) ラダマンティス

※『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』にも登場

天猛星ワイバーン ラダマンティス

ラダマンティス

【紹介】 

 冥王軍による聖域(サンクチュアリ)侵攻の際、地上のハーデス城にて、パンドラに従っていたのが、冥界三巨頭の一人、天猛星ワイバーンのラダマンティスだ。

 彼はハーデスの力で蘇ったサガたち黄金聖闘士(ゴールドセイント)を信用しておらず、正規の冥闘士(スペクター)を動かし、聖域に潜入させていたが、彼らはフェアリーを除いて、彼らは全滅。そのことがパンドラの逆鱗に触れ、ハープの音で罰せられる。

 だが、舞い戻ってきた黄金聖闘士のデスマスク、アフロディーテを死界の穴に叩き落とし、同じく黄金聖闘士のアイオリア、ムウ、ミロを完膚無きまでに打ちのめして死界に落とすなど、ハーデスの結界内とはいえ、圧倒的な力を見せた。

 ハーデス城の崩壊に伴い、そこに乗り込んできた星矢たちとは闘わずに、配下の冥闘士を引き連れ、冥界に向かう。

 冥界では、第1獄(プリズン)黒き疾風の谷で、幻朧拳を受けて錯乱する天英星バルロンのルネを助け、そこに現れた黄金聖闘士 双子座(ジェミニ)のカノンと拳を交えるが、同じく幻朧拳で体の自由を奪われる。だが、配下の冥闘士たちの出現により、その場を逃れ、パンドラの下へと向かう。

 冥界第8獄(プリズン)ジュデッカに、ハーデスに琴を聴かせる名目でやってきた琴座(ライラ)オルフェは、その暗殺を目論んでいたが、ラダマンティスはそこに同じ三巨頭の天貴星グリフォンのミーノス、天雄星ガルーダのアイアコスとともに現れる。
 オルフェは琴の音で三巨頭とパンドラを眠らせたかに思えたが、彼を訝しんでいたラダマンティスに討たれる。

 その後、ラダマンティスは第5獄(プリズン)にてカノンの前に現れ、勝負を挑むが、苦戦。そこに、ミーノス、アイアコスが現れ、闘いは中断される。

 ラダマンティスは、黒き疾風の谷での闘い以降、カノンをライバル視するようになっており、ジュデッカへと急ぐカノンに再戦を挑むが、双子座の黄金聖衣(ゴールドクロス)を他の黄金聖衣の下へと送ったカノンは、グレイテストコーションをその身に受け、ラダマンティスを道連れにギャラクシアンエクスプロージョンで散る。

登場 :冥王ハーデス編(十二宮編~冥界編)
必殺技:グレイテストコーション
出身地:イギリス・フェローズ諸島

★PS2ソフト『冥王ハーデス十二宮編』キャラクター紹介ページ
http://www.bandaigames.channel.or.jp/list
/ps2_seiya2/charactor/sp_rhada.html

【コメント】

冥界三巨頭の一人にして、冥闘士一番人気との呼び声も高いラダマンティスです。

正々堂々の勝負に拘るところや多くの部下の信頼をされているところなど、武将のような一面が男としてカッコイイのだと思います。

個人的には、気品多漂うミーノス様派ですが。(笑)

 『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』では、今のところ、名前とシルエットのみの登場で、まだちゃんとは姿を現していませんが、原作以上に熱い活躍をしてくれるか、双子座の黄金聖闘士との間に因縁はあるのか、楽しみです。


2007/9/18 火曜日

『聖闘士星矢』キャラクター列伝 (4) スタンド

※『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』にも登場

天醜星デッドリービートル スタンド

スタンド

【紹介】 

第五獄(プリズン)で目を覚ました龍星座(ドラゴン)紫龍と白鳥座(キグナス)氷河の前に現れた巨漢の冥闘士(スペクター)。

だが、彼は既に双子座(ジェミニ)カノンに倒されていた。

登場 :冥王ハーデス編(冥界編)
必殺技:スタンド・バイ・ミー

【コメント】

原作ではたった一つの台詞もなく、登場した時には倒されていた彼だが、『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』では冥界に潜入した天馬星座(ペガサス)テンマ、一角獣星座(ユニコーン)耶人、ユズリハを相手に大活躍!(笑)

名前のみ明らかになっていて、その実態は謎に包まれていた幻の技「スタンド・バイ・ミー」も炸裂!!

危機に陥った耶人はジャミールの長より預かったアテナの剣の加護でその場を脱出したが、果たして、スタンドの再登場はあるのだろうか…?今、一番気になっていることです。ww


HTML convert time: 0.628 sec. Powered by WordPress ME