2008/8/28 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第98話 灼熱の試練

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 9:50:09

「こんなものいらん!!!」
[週刊少年チャンピオン39号掲載]
※ネタバレ必至!

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第10巻は絶賛発売中です!

【あらすじ】

 奈落から這い上がり、弟子にしてくれと、カノン島の鬼に懇願するテンマ。すると、

「こんなものいらん!!!」

 と、聖衣(クロス)の箱を奈落へと落とされてしまう。

 動揺するテンマに
「たわけ!!!強くなりたいのならば、捨ておけ!!」
と言い、ついてくるよう告げる鬼。

 溶岩の大瀑布に案内されると、そこで地鳴りが起こり、テンマは火山が噴火するのではないかと恐れるが、鬼は

「だまれ、カノン島!!!」

と一喝。すると、火山は静まる。

 鬼は言う。

「いい事を教えてやる小僧。強さとは力を屈服させることよ!!!」

 すると、次にはマグマの中へと入っていく。

マグマの中に入り、マグマの球を掌の上に浮かべる鬼

 マグマをもろともせず、その中を進む鬼は、驚くテンマに「お前には無理か…、だろうな!お前は小宇宙(コスモ)の扱いが、極端に不器用そうだ!」と言い、マグマの球を掌に浮かべると、3日でそれをやるように課す。

 できなければ、弱者のまま殺して喰らうのみと言い捨て、大瀑布の中へと消えた鬼に対して、やるしかない状況に追い込まれるテンマ。

 まずは当たって砕けろでマグマに手を突っ込むが、火傷し、鬼が「小宇宙を操ってみせろ」と言っていたことを思い出す。

 テンマは小宇宙を高め、拳圧でマグマの表面を飛ばして、掌で制止させることに一瞬だが、成功。
 その後、何度か挑戦するが、なかなか球を宙に止められない。

 修行の最中、外の涼しさの中で、生きていることを実感するテンマ。

死んでいった者たちを思うテンマ

 その脳裏を過ぎるのは、死んでいった仲間たちの顔だった。

  今のテンマには、落ち込んでいるヒマなんてないのだ。

マグマの球を掌の上に浮かべることに成功したテンマ

  テンマは、自分の内から湧きあがる宇宙を丁寧に正確に掌に集中させ、遂にはマグマの球を掌の上に浮かべることに成功する!

  だが、そこに鬼が現れ、テンマの首に腕をかけると、マグマの滝の上から放り投げた!

灼熱のマグマに落下したテンマ

 「では、次の課題だな。」と鬼。

  果たして、灼熱のマグマに落下したテンマの運命は!? 

【感想】

  鬼さん、強すぎる…というより、凄すぎる!

  今回の展開はバキかと思いましたよ。笑

 一喝で火山の噴火を止めるわ、マグマの大瀑布の中にどんどん入っていくわ、テンマをマグマの滝の上から放り投げるわ。

 しかも、「強さとは力を屈服させることよ!!!」と言い切るなど、ここまで屈強なキャラクターは星矢史上初ではないでしょうか。

 もはや別のマンガかというような力押しの展開に、圧倒されました。。f^_^;

 ただ、こうでもしないと、テンマが大きくレベルアップを図るには不十分なのでしょうね!

 次の課題もドキドキものですが、その前に、テンマは無事なのか…?

【今回の名台詞】

「いい事を教えてやる小僧。強さとは力を屈服させることよ!!!」(カノン島の鬼)
→他にも今回は「こんなものいらん!!!」「だまれ、カノン島!!!」など、鬼の凄まじい台詞のオンパレードでした。f^_^;

「そうだ、俺は生きてるんだ…」(テンマ)
→テンマは、死んでいった孤児院の子どもたち、アスミタ、ハスガード、マニゴルド、エルシド、ハクレイ、サロ、そして、童虎の分まで、生を全うしなければならないのですよね!
しかし、ここに童虎の姿があることに、やはり違和感が…。f^_^;

画像の出典:『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』(原作:車田正美、漫画:手代木 史織、秋田書店)

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください!


2008/7/24 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第94話 死の贈り物

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 8:09:42

ハーデスの頭上に浮かび上がるアテナ軍の光景(ビジョン)
[週刊少年チャンピオン34号掲載]
※ネタバレ必至!

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第10巻は8月8日(金)発売です!

【あらすじ】

 流星拳を弾き返され、吹っ飛んだテンマ

 動きを封じられた天馬星座(ペガサス)の聖闘士(セイント)の前で冥王は言う。

 「少し趣向をこらしてやろう」と。

 ハーデスの頭上にアテナ軍の光景(ビジョン)が浮かび上がった。

 ハーデス城近郊の森には本隊の射手座(サジタリアス)シジフォスの指示を待つ聖闘士、雑兵たちが待機しており、その中には牡牛座(タウラス)アルデバランの弟子テネオサロの姿もあった。

 闘いを怖がるサロを励ますテネオ

 「大丈夫だよ、サロ。アルデバラン様が守ってくれる。最後まで強くいよう」「生きて帰れるかは分からない。だけど、俺たちはいけるところまで戦います。貴方を殺った冥闘士(スペクター)を一人でも討てるなら…!!」と、師に誓いを立てるテネオ

  その時、突如、城を取り巻く結界が解除された!

現れた教皇と、進軍する雑兵たち

  一軍の背後に現れ、進軍を告げたのは教皇だった。

 教皇の無事を喜び、「行け!!地上の平和のために!!」の言葉に従い、彼を越えて、ハーデス城に向かう聖闘士、雑兵たち。

 「見ていてください、アルデバラン様!!」テネオサロも駆ける。

 仮面の下で怪しい笑みを浮かべる教皇

 そして…、

罠に掛かり、全滅した一軍

 一軍は罠に掛かり、全滅。

 教皇ハーデスの放った屍人だった。

 かろうじて息のあるテネオサロの名前を呼ぶが、返事はない。

  目の前のサロは既に絶命していた。

絶命したサロを抱きしめ、号泣するテネオ

 テネオサロを抱きしめ、号泣した。

 思惑通りに事が運び、声高に笑うハーデス

 テンマの怒りは限界を超えた。

  「ぶっ飛ばす。許せねェー、アローン!!いや…ハーデスー!!!」

 封じられた体の自由を取り戻し、冥王に立ち向かうが、

「天馬星座(ペガサス)!お前との因縁も…ここで幕だ」

 ハーデスの剣には効かない。

 「所詮は人間か!!」

 聖衣(クロス)を砕かれ、弾かれるテンマ

 「天馬星座(ペガサス)!お前との因縁も…ここで幕だ」

 剣を振り下ろすハーデス

 割って入ったのは天秤座(ライブラ)童虎だった。

 天秤座の黄金聖闘士(ゴールドセイント)は、円盾(シールド)を真っ二つに割られながらも、弟分に「また、あっさり目の前で死なれてはたまらんぞ!」と笑いかけた。

 「もうない!あんな事。」テンマ
 「なら、安心じゃ!」童虎

 このことがきっかけで、テンマは冷静さを取り戻す。

 童虎テンマに、ハーデスが剣を振り切るまでには間があると語り、そこを突くことを指示する。

 そして、二人に向けて、再びハーデスの剣が振り下ろされた!

ペガサス流星拳&廬山百龍覇炸裂!!

  今、渾身のペガサス流星拳と廬山百龍覇が冥王に向けて放たれる!

【感想】

  テネオとサロの再登場。

  そして、言葉もなく、絶命してしまったサロ。

  またまた衝撃的な展開です!

 テンマは、テネオやサロとはともに聖域の修復作業を行ったり、訓練をしたりした仲(コミックス6巻参照)なので、これはかなりショックだったはずです。

  ハクレイの時に続き、これでもかとばかりにハーデスへの怒りが込み上げてきます!

 そんなテンマを救ったのは童虎でした。

 シジフォスにハーデス城への突入を直訴した時は、まるで聞き分けのない子どものようでしたが、テンマの前ではしっかり兄貴分ですね。w

  前回のシオン、今回の童虎と、聖戦を生き残る二人がしっかりと成長を見せています!

 それにしても、ハーデスを倒す術はあるのか。
 流星拳と百龍覇のコラボで打倒できるとは思えないのですが。。

【今回の名台詞】

「大丈夫だよ、サロ。アルデバラン様が守ってくれる。最後まで強くいよう」「生きて帰れるかは分からない。だけど、俺たちはいけるところまで戦います。貴方を殺った冥闘士(スペクター)を一人でも討てるなら…!!」(テネオ)
→アルデバランの思いは確実に受け継がれていますね。しかし、それさえも踏みにじるハーデスの魔手。この直後にサロを含めた一軍が絶命とは…!

「また、あっさり目の前で死なれてはたまらんぞ!」(童虎)
→怒りと憎しみの虜となっていたテンマを救った童虎。こんな状況でも、彼の明るさ、前向きさが闇に囚われそうなテンマを支えます。テンマにとっては、いい“兄貴”です!

画像の出典:『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』(原作:車田正美、漫画:手代木 史織、秋田書店)

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください!


2007/10/3 水曜日

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』キャラクター列伝 (6) サロ

サロ

サロ

【紹介】 

テネオ・セリンサとともに牡牛座(タウラス)アルデバラン(本名:ハスガード)の弟子にあたる、聖闘士(セイント)候補生であり、彼の守るべき次代の戦士の一人。

アルデバランと輝火(かがほ)の闘いの最中、師の身を心配し、その下に駆け付ける。

三人の中で一番幼いが、闘いの事後処理では巨大な柱を纏めて担ぐなど、意外に力持ち。

登場 :コミックス5巻~

【コメント】

アルデバランの弟子三人衆の一人、サロです。

彼の真っ直ぐな瞳はどこか星矢を彷彿とさせます。

テネオ・セリンサとは異なり、東洋系?

テンマも真っ青な力技は既にアルデバラン級かもしれません。f^_^;


2007/10/2 火曜日

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』キャラクター列伝 (5) セリンサ

セリンサ

セリンサ

【紹介】 

テネオ・サロとともに牡牛座(タウラス)アルデバラン(本名:ハスガード)の弟子にあたる、聖闘士(セイント)候補生であり、彼の守るべき次代の戦士の一人。

サバサバした性格で、アルデバランという名にハスガードの思いが込められている旨を熱弁したテネオに「名前一つで、男ってのは面倒臭いねえ」と言う。

アルデバランの死後は、その墓前で、仮面を外した姿でテネオの前に現れる。

師がハスガードに戻らないまま、闘いの中で死んでいった姿に戦士の悲しみを見た彼女は、聖闘士になることを諦るが、強く生きていくことを誓った。

登場 :コミックス5巻~

【コメント】

アルデバランの弟子三人衆の一人、セリンサです。
彼女が仮面を外して現れた時、ドキッとした読者の方は多かったのではないでしょうか。

ちょいタレ目のかわいらしい顔の女性だったとは!(笑)

稽古を見る限り、聖闘士(セイント)としての素質は十分だったように思うので、その道を諦めてしまうのは、ちょっと残念ですが、彼女らしく強く生きていって欲しいですね。


2007/10/1 月曜日

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』キャラクター列伝 (4) テネオ

テネオ

テネオ

【紹介】 

セリンサ・サロとともに牡牛座(タウラス)アルデバラン(本名:ハスガード)の弟子にあたる、聖闘士(セイント)候補生であり、彼の守るべき次代の戦士の一人。

アルデバランと輝火(かがほ)の闘いの最中、師の身を心配して駆け出したサロを止める。

アルデバランの死後は、その墓地の前で、セリンサに促され、ハスガードからアルデバランの称号を受け継ぐことと強く生き抜くことを誓う。

登場 :コミックス5巻~

【コメント】

アルデバランの弟子三人衆の一人、テネオです。
若いながらも、しっかりしていて、アルデバランの実直さに影響を受けているようです。

彼が原作のアルデバランの遠い師に当たるのかもしれませんね。

 強く生きろ!


HTML convert time: 0.620 sec. Powered by WordPress ME