2010/4/8 木曜日

NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) Part23 敵は聖域にあり

Filed under: 今週の『NEXT DIMENSION 冥王神話』 — 聖闘士 星矢 @ 5:38:43

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第18巻も好評発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 聖域(サンクチュアリ)のアテナ神殿において、白薔薇を乙女座(バルゴ)シジマの胸に撃ち、倒した魚座(ピスケス)カルディナーレ

 教皇はその真意を問うが、カルディナーレは「生者必滅!!」と答える。

 即ち、死後の安寧を得るために、彼はハーデスに与したのだ。

 さらに、他にも裏切者の黄金聖闘士(ゴールドセイント)がいることを示唆する魚座の聖闘士。

 二人が問答をしている間、一瞬の隙を見て、シジマはアテナを連れ、神殿より逃げ出す。

 カルディナーレは、十二宮へと至る道には魔宮薔薇(デモンローズ)が敷き詰められているため、シジマはじきに息絶えると言うが、教皇は静寂なる男と呼ばれる乙女座の聖闘士の力を恐れており、カルディナーレにシジマ追討の命を下す。

 そのシジマは、血を流しながらも、アテナを抱えて階段を下り、小宇宙(コスモ)で山羊座(カプリコーン)以蔵牡牛座(タウラス)オックスにその「敵は聖域にありだ!!」と呼び掛ける。

 魔羯宮では以蔵がシジマの声を微かに感じるも、オックスは何も聞こえなかったと言い、以蔵も気のせいかと思い直す。
 しかし、彼の胸にはいいしれぬ不安が広がっていた。

 十二宮の麓にある闘技場では、天馬星座(ペガサス)天馬アンドロメダ星座 瞬が闘いを繰り広げていたが、天馬は戦意が湧かないと言い、その拳を下ろす。

 天馬にとって、瞬は親友のアローンにどこか似ていたのだ。

 彼がアローンのことを話すと、瞬もかつてハーデスに肉体を乗っ取られた過去を明かす。

 それを聞いて、合点のいった天馬は、瞬をアテナの下へ案内することを約束する。

 十二宮の第一宮 白羊宮で立ちはだかったのは牡羊座(アリエス)シオン

 天馬は瞬が未来から来たとシオンに教えるが、シオンは信じず、戒厳令がしかれているため、何人も通すわけにはいかないという。

 シオンに闘いを挑む瞬だが、アンドロメダの鎖は目に見えぬ壁に弾かれる。

  逆に、牡羊座究極の技クリスタルウォールに弾き飛ばされ、危機に陥る瞬だが、その時、天馬が瞬に加勢を申し出た。

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/3/30 火曜日

NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) Part22 女神のもとへ

Filed under: 今週の『NEXT DIMENSION 冥王神話』 — 聖闘士 星矢 @ 12:46:02

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第18巻も好評発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 天馬星座(ペガサス)天馬は聖域(サンクチュアリ)に現れたアンドロメダ星座 瞬に拳を放つ。

 瞬は天馬の「おまえはアテナ神殿へ降誕されたアテナをねらって来たんだろう」との言葉に、沙織が無事に辿り着いていたことを知り、神殿へ向かおうとする。

 そうはさせまいと、天馬はペガサス流星拳を放つが、瞬のローリングディフェンスに弾かれてしまう。

 驚く天馬に、瞬は自分と沙織がこの時代へ来た目的を告げた。
 救うべき友が天馬星座の聖闘士であることも。

 その頃、アテナ神殿では教皇が息を荒げながら、アテナを殺そうと短剣を掲げていた。

 ハーデス城のパンドラは、天貴星グリフォンのフェルメールに、教皇が自らの側に寝返っていることを教えるが、一方で、今回のアテナ降誕にはアテナもハーデスも超越するような存在の大いなる意志が働いていることを感じていた。

 アテナ神殿でアテナを殺そうとする教皇を止めたのは、乙女座(バルゴ)シジマだった。
 教皇の様子がおかしいと感じ、神殿に戻ってきたのだ。

 額に傷を負いながら、何とかアテナを奪い取ったシジマ。

  教皇は今度はシジマに凶刃を向けるが、そこに現れたのは魚座(ピスケス)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)カルディナーレだった。

 教皇はカルディナーレに、シジマが謀反を企てたため、すぐに討ちとるよう命令するが、魚座の聖闘士は正義感の強いシジマがそのようなことをするはずはないと語る。

 彼は教皇が謀反の張本人であることを見抜き、白薔薇を投げるが、それはシジマの胸に突き刺さった。

 驚くシジマに「人はなにも正しいほうにつくとはかぎらない」とカルディナーレ。
 アテナを抱いたまま、シジマは倒れた。

  一方、十二宮の麓で天馬と対峙する瞬も、一刻も早くアテナの下へ駆け付けねばと、焦りを感じていた。

 
聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/3/24 水曜日

NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) Part21 教皇の短剣

Filed under: 今週の『NEXT DIMENSION 冥王神話』 — 聖闘士 星矢 @ 21:09:13

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第18巻も好評発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 前聖戦の時代に赤子の姿で降誕したアテナ=城戸沙織

 アテナ神殿で彼女と邂逅した牡牛座(タウラス)オックス山羊座(カプリコーン)以蔵乙女座(バルゴ)シジマの背後より教皇が現れる。

 教皇は、アテナが降誕した今、ハーデス軍がその命を狙ってくるであろうから、自分の宮に戻り、その侵入を阻止するよう、黄金聖闘士(ゴールドセイント)たちに命じる。

 ハーデス城では、伝令よりアテナが赤子の姿で降誕したとの報告を受け、パンドラ天雄星ガルーダの水鏡にアテナの首を取ってくるよう、命じる。

 天貴星グリフォンのフェルメールは、水鏡を聖域(サンクチュアリ)に返すことにより彼がアテナ軍に寝返ることを危惧するが、パンドラは聖域内での駒は他にもあると言う。

 一方、聖域では、シジマがアテナの傍に一人の聖闘士も残らなかったことを危惧していた。
 彼は教皇に言い知れぬ不信感を抱いていたのだ。

 その頃、その教皇は手にした短剣でアテナを殺害しようとしていた。

 が、聖域に更なる小宇宙(コスモ)が落ちたため、その手を止める。

 白羊宮にいた天馬星座(ペガサス)は、その小宇宙の正体を確かめるため、闘技場に向かった。

 落ちた小宇宙の主はアンドロメダ星座 瞬で、彼のことを怪しむ雑兵たちに取り囲まれる。

 猶予もない中で牢に入れられてはかなわないと、雑兵たちをネビュラチェーンの一撃で倒すが、次にその前に立ちはだかったのは天馬だった。

  天馬の顔を見た瞬は、彼のことを星矢と呼ぶ!

 
聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/3/17 水曜日

NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) Part20 女神降誕

Filed under: 今週の『NEXT DIMENSION 冥王神話』 — 聖闘士 星矢 @ 4:42:41

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第18巻も好評発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 天馬星座(ペガサス)星矢の胸に刺さった冥王ハーデスの剣を無きものとするため、時の神クロノスの星雲より前聖戦の時代へ向かった沙織=アテナアンドロメダ星座 瞬だが、時空のうねりの中で互いの手を繋ぐ花の鎖が切れ、二人は離ればなれになってしまう。

 一方、オリンポスに生還した月の魔女ヘカーテに、クロノスはアテナと瞬を過去に飛ばしたことを告げ、その際、アテナのテロメアを狂わせたことを教える。
 ヘカーテはそれではアテナが前聖戦の時代に殺されに行くようなものだと訴えるが、クロノスは眠りにつき、彼女の言葉には取り合わない。

 前聖戦の時代、ハーデス城でハープを弾くパンドラだが、突如としてその弦が切れ、アテナがその時代に現れたことを感じる。

 聖域(サンクチュアリ)の乙女座(バルゴ)シジマ牡牛座(タウラス)オックス山羊座(カプリコーン)以蔵も、同様に彼らの女神の到来を感じていた。

 その小宇宙(コスモ)がアテナ神殿に落ち、その下へと走るオックス、以蔵。
 依然、その場に座すシジマは言い知れぬ不安を感じていた。

 また、白羊宮では牡羊座(アリエス)シオン天秤座(ライブラ)童虎もアテナの小宇宙の訪れを感じる。
 童虎はシオンに宮の守護を任せると、自らも天秤宮へと急いだ。

 一緒にいた天馬星座(ペガサス)天馬も先へ進もうとするが、「ここから先の十二宮へ行けるのは、それぞれの宮の守護をまかされた黄金聖闘士(ゴールドセイント)のみ」と、シオンに止められる。
 自分もアテナを見たいと、すねる天馬。

 ハーデス城のパンドラは、三巨頭の天貴星グリフォンのフェルメール天雄星ガルーダの水鏡に、現れたアテナの小宇宙が突然消えたと語った。

  オックス、以蔵、シジマはアテナ神殿に到着するが、三人がそこで目にしたのは赤子となったアテナだった!

 
聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/2/14 土曜日

NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) Part14 花の鎖

Filed under: 今週の『NEXT DIMENSION 冥王神話』 — 聖闘士 星矢 @ 16:55:48

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第12巻は絶賛発売中です!
『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第1巻も同時発売!

【あらすじ】  

 地上歴一九九〇年、車椅子の星矢の腕に花の鎖を巻く城戸沙織の前に、アンドロメダ瞬が現れる。

 沙織は瞬に紫龍氷河一輝の行方を尋ねるが、分からないという。

 瞬も沙織に、生命力も小宇宙もまるで感じられない星矢の様子について訪ねるが、女神は冥王の剣が今だ星矢の胸に突き刺さっているのだと説明する。

 それはハーデスの怨念となって残った、人の目には見えぬ『インビジブル・ソード』であり、三日後には星矢の心臓に達し、確実にその命を奪うのだ。

 星矢を救うため、ある人物に会いにいくという沙織に、瞬は供をすることを申し出る。

 女神(アテナ)の聖衣(クロス)を纏い、スターヒルに立つ沙織。

 スターヒルは代々の教皇が聖戦を占う禁区であると同時に、月に一番近い場所…。
 そう、彼女は姉である月の女神アルテミスに会いにいくつもりなのだ。

 次の瞬間、時空が揺らぎ、二人は地上での神々の居住地といわれるオリンポスのふもとに移動する。
 そのはるか先にアルテミス神殿があるはずだというのだ。

 万が一に備えて、聖衣を纏う瞬だが、彼のそれはもはや神聖衣(ゴッドクロス)ではなく、青銅聖衣(ブロンズクロス)に戻っていた。

 沙織は、神聖衣はその役目を終えた今、聖衣櫃(クロスボックス)の中でまたもとの姿にもどったのだと語るが、瞬は幾多の闘いをともにしたその聖衣の方が自分にはしっくりくると言う。

 そして、沙織はそんな彼らを今度は自分が助ける決意でいた。

 一方、二百四十数年前の聖域(サンクチュアリ)では、牡牛座(タウラス)オックス山羊座(カプリコーン)以蔵の前に、神に近い男、乙女座(バルゴ)シジマが現れ、時空のはるかかなたからアテナの大いなる小宇宙(コスモ)が近づいてくると語る。

【感想】

  あのアンドロメダ瞬が登場!
  原作最終章のハーデスとの闘いの『その後』が描かれています!!

 月の女神アルテミスは2004年に公開された映画『天界編 序奏~overture~』にも登場しましたね。
 車田版 冥王神話は、幻と言われた天界編をも内包するような展開へと進もうとしているのかもしれません。

 そして、先代黄金では、『神に近い男』乙女座のシジマが登場しました。
 原作のシャカが『神に最も近い男』だったので、このシジマはそれほどではないということなのでしょうか…?

  いずれにしても、今後の展開が俄然楽しみになってきました!!

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!


HTML convert time: 0.501 sec. Powered by WordPress ME