2010/2/3 水曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第166話 居場所

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 22:25:16

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第17巻は絶賛発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.5は2月24日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 配下の冥王軍ともども、アローンに欺かれていたことを知ったパンドラは激しい怒りに駆られるが、そこに黒炎が巻き起こり、天暴星ベヌウの輝火が現れる。

 他の冥闘士(スペクター)と交わろうとせず、ハーデスが心を砕いていたことから、輝火のことを疑いの目で見ていたパンドラだが、彼女の「いつから、あの神気取りと手を組んだ!!?」との問いに、黒炎の使い手は「お会いしたその時からよ」と答える。

 輝火はパンドラにアローンの深い慈しみを説くが、彼女にとってはそれがハーデスでなければ全くの無意味だったのだ。

 炎が冥闘士たちの死体を焼き尽くす中、パンドラの凄惨な過去が蘇る。

 地上のハーデス城において、母が死に、弟であったハーデスは生まれず、さらにメイドたちも死んでいく。

 残ったのはパンドラ自身の体と魂のみだったが、それさえもすでに奪われていたのかもしれない…。

 目の前に現れた、眠りを司る神ヒュプノス死を司る神タナトスの巨大な影。

 双子神は言う。

  「ならば奪い返すがいい!!!」
  「お前の存在意義など、その弟なくしてはありえない」
  「全てを失いたくなくば、弟を奪い返せ!邪魔者は殺せ!!そうでなければ…」

 パンドラの居場所など何処にもなかったのだ…!

 彼女はハーデスを奪い返すため、邪魔をする者は全て打ち倒して、アローンに会いに行く。

 その思いの強さに、輝火の心が動いた。

 彼が手を挙げると、炎が割け、道が出来る。

 弟のために、アローンに痛みを示すようにと言う輝火。

 それに対し、道など輝火を倒して奪うつもりだったとパンドラ。

  これまで棘の道を歩んできた女は、今、目の前に続く道をアローンの下へと向かう!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、OVA第5巻発売記念スクリーン上映イベントのチケット販売方法が公開されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/10/31 土曜日

THE LOST CANVAS ユズリハ外伝 血墨の紋

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 23:54:44

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 インドとチベットの国境 ジャミールー。

 そこには、父と母と弟を転落事故で失い、一族の血を絶やさぬために嫁ぐことを決めた少女ユズリハがいた。

 彼女の夢は、今、その背後に立つ黄金聖闘士(ゴールドセイント)牡羊座(アリエス)シオンのような戦士になることで、シオン自身もそう信じていたのだが、悲劇が彼女の運命の全てを変えてしまったのだ。

 18世紀、冥王ハーデスの復活により、新たなる聖戦が幕を開けた。

 各地で猛威を振るう冥闘士(スペクター)たちを討伐すべく、聖域(サンクチュアリ)の教皇は聖闘士を各地へ派遣していた。

 そして、黄金聖闘士のシオンもまた、彼の故郷であるジャミールに派遣されてきたのだ。

 館で彼を待っていたのは、師であるハクレイ

 シオンは師に、教皇セージが星見によりジャミールに凶星の兆しありと告げたことを報告する。

 弟子の一人トクサが死に、もう一人、ユズリハも嫁に行くため、弟子三人に去られてはさすがに落ち込むからと、気を付けるようにとシオンに言葉を掛けるハクレイ。

 その頃、ユズリハは夢で、戦士になるには不要だからと、母よりもらったストールを返してしまった時に、男の自分が家を継ぐと言ってくれたトクサの姿を思い出していた。

 目を覚ました彼女は、次の瞬間、目を疑う。

 怪我をしながらもそこに立っていたのは、紛れもないトクサの姿。

 姉は弟を抱きしめるが、その背を黒い小宇宙(コスモ)が狙っていた。

 その小宇宙はシオンも感じていた。

 彼が駆けつけた先ではユズリハの家が燃えており、その前には膝をつく彼女の姿が。

 「申し訳ありません…我が一族より魔が…、魔星が…」とシオンに詫びる彼女の視線の先に立つのは、冥衣(サープリス)を纏ったトクサの姿。

 彼は、死の神タナトスの声を聞き、百八の魔星の一つ、天巧星ハヌマーンのトクサとして目覚めたのだという。

 死の神は、永遠の命を与える代わりに、その代償として、愛する者たちの死を捧げるように言ってきたのだという。

 それは彼の両親の死だった。

 そして、次には自らの姉の死も捧げようというトクサは、積尸気如意霊臨(せきしきにょいれいりん)を放つ!

 光の柱のように撃たれた霊魂よりユズリハを守ったのはシオン。

 そして、次なるトクサの動きを封じたのは、ユズリハが母より譲り受けたストールだった。

 冥王の軍門に下った弟に、それは戦には不要じゃなかったのかと言われるが、姉は自分が何かを守って戦ってなきゃ気がすまないのだと答える。

 血筋も家紋も父や母の思いも、地獄まで守っていくつもりなのだ。弟の血をその身に刻み込んで…。

 シオンは弟を討とうとするユズリハを止めるが、トクサは姉が戦いで傷だらけになるのはシオンのせいだと責める。

 彼女がシオンの強さに憧れ、目指し続けたからだと。

 ならば、自身の手で姉の命を散らすのみと拳を振るうトクサに、シオンはスターダストレボリューションを放つ。

 それはトクサを打ち砕いた。

 シオンは、自らの使命は、兄弟子として、歪んだトクサからユズリハの道を守ること、そして、トクサに引導を渡すことだと言った。

 そして、ユズリハは弟の手を取り、トクサはその手の中で果てた。

 「シオン様、私はやはり戦士として、この先も強くあります。…だけど」と呟くユズリハに、シオンはただ「ああ…」とだけ答えた。

 その夜、ユズリハは弟の亡骸を抱え、泣いた。

  その日から、彼女は弟の血を掬い、家紋をその身に刻んだのだった。
  鶴星座(クレイン)のユズリハ-彼女の決意と共に。

 
 『プリンセスGOLD』2009年11+12月号には、聖闘士星矢とTHE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス)の作品紹介ページもあります。必見!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2008/7/3 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第91話 戦士の執念

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 8:33:34

画像「ハクレイと弟子たち」
[週刊少年チャンピオン31号掲載]
※ネタバレ必至!

【あらすじ】

 ハーデス城の結界の中心の部屋で、ついに対峙したハクレイ眠りの神ヒュプノス
 突然、上から降ってくる、牡羊座(アリエス)シオン鶴星座(クレイン)ユズリハ。彼らは傷を負っていた。

 ヒュプノスシオンハクレイを追ってきたことを教える。

 ハクレイは馬鹿者と弟子を叱るが、シオンは言う。

 「馬鹿なのは貴方の方だ…」
 「何故、共に死のうと言ってくれないのです!!」

 ユズリハシオンの頭に手を置き、諫めるハクレイ

 ヒュプノスはそんな人間たちの姿に手を叩き、「願い通り、共に死なせてやろうか?」と提案する。

画像「エンカウンター アナザー フィールド」

  「エンカウンター アナザー フィールド!!」

 「私のもたらす夢、空想は全て現実に形作られる」

 ハクレイシオンユズリハを高度1万mから落とすヒュプノス

 床に叩き付けられ、なおも立ち上がるハクレイだが、圧倒的な神の力は今度は巨大な隕石を出現させる。

 「弟子を救いたくば、頭を下げよ」「その剣を置き、弟子共々、地上の行方を震えながら待て!!」と迫るヒュプノスに、老兵は苦渋の表情を見せるが、シオンユズリハは立ち上がり、最後まで師とともに闘うことを選んだ。

 「足手まといなど…死んだ方がマシなのです!!!」という弟子二人の姿に、ハクレイの気持ちは固まった。

 そんな三人の頭上にヒュプノスは隕石を落とす!

画像「隕石を受け止めるハクレイ」

 隕石を受け止め、破壊するハクレイ

 「ヒュプノスも、お前らも、何をごちゃごちゃ言っておるのやら」

画像「わしは始めから帰る気も、お前らを死なせる気もない!!」

  「わしは始めから帰る気も、お前らを死なせる気もない!!」

画像「小僧共が!!」

 ハクレイは出血を止めるため、陰腹を切っていた。 

 彼は言う。

 「小僧共が!!たいした年月も生きとらんくせに、死に急ぐとは生意気よな!」

  「命をかけるなら、生きてそれに値する未来にかけよ!!」

  弟子を前に意を決したハクレイの執念が燃え上がる!!

【感想】

  ハクレイとシオン、ユズリハの師弟の思いが熱いです!

  弟子は最後まで師とともに闘いたく、師は弟子を生かしたく!

 しかし、この思いがハクレイを強くしていくのですね。

 ちなみに、陰腹(かげばら)とは、腹を切った後・傷口を包帯できつく縛って処置し・出血を抑えることで死期を遅らせることを言います。

 対するヒュプノスは『エンカウンター アナザー フィールド』なる新技が炸裂!
 高度1万mから落としたり、隕石を落下させたり、最早やりたい放題ですね。。

人間に興味を抱くヒュプノスは、今回も終始彼らを試すような言い回しだったのが気になります。

 原作で描かれた次の聖戦では、敵でありながら、人間を認め、ハーデスの真の肉体の復活を危惧する、そんな神様でしたからね。
 今回の闘いで、人間を認めるに至る何かが、眠りの神の心の中にも芽生えるのではないでしょうか。

  そんなヒュプノスの気持ちの変化にも注目です!

  聖戦はタナトス戦に続く、第二のクライマックスの様相を呈してきました!

【今回の名台詞】

「足手まといなど…死んだ方がマシなのです!!!」(シオン&ユズリハ)
→最後まで師とともに闘い抜くと、シオンとユズリハの意志は固まっています!

「小僧共が!!たいした年月も生きとらんくせに、死に急ぐとは生意気よな!」「命をかけるなら、生きてそれに値する未来にかけよ!!」(ハクレイ)
→未来のためにあくまでも弟子を生かそうとするハクレイ。この師にして、この弟子ありですね!

画像の出典:『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』(原作:車田正美、漫画:手代木 史織、秋田書店)

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!


2008/6/3 火曜日

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』キャラクター列伝 (17) ベロニカ

Filed under: 『ザ ロスト キャンバス』キャラクター — 聖闘士 星矢 @ 9:04:35

天究星ナス ベロニカ

天究星ナス ベロニカ

【紹介】 

 テンマの故郷の街に程近い死の森に入った彼らを待っていたのは、沼の魔人、ムカデの怪物、そして、死人の群れだった。

 これらを操っていたのが天究星ナスの冥闘士(スペクター)ベロニカで、オルガンの演奏で、死んだ子どもたちにテンマを襲わせ、ペガサス流星拳は彼を取り巻く蠅の大群に守られ、受け付けない。

 駆け付けた蟹座(キャンサー)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)マニゴルドは蠅たちを燐気の珠に閉じ込め、足技アクベンスベロニカを真っ二つにするが、死の神タナトスの力を得ている彼はなおも起き上がってくる。

 ベロニカブライアルフォートで森の全てを腐らせるが、マニゴルド積尸気冥界波で黄泉比良坂に連れてこられ、積尸気鬼蒼焔で焼き尽くされる。

 タナトスの命令により、彼はマニゴルドを道連れにしようと、飛び込んでくるが、その体が双子神の離宮への通路となり、マニゴルドタナトスの下に辿り着いた。

 死者を愛するベロニカは生者を「気持ち悪い」と吐き捨て、また、その口調や容姿からマニゴルドに「オカマ」呼ばわりされていた。

登場 :コミックス7巻~8巻

必殺技:ブライアル フォート

【コメント】

  オカマのベロニカさんです。

 当初は、男か女か、そもそも冥闘士なのか?ということで議論を呼んでいました。

 確かに、冥闘士の冥衣以外の姿というのは珍しいかもしれませんね。
 私服姿を披露しているのは双子神くらい…?(冥闘士じゃないか。。)

  マニゴルドとの相性がいいの悪いので、彼とのやり取りでは随分と楽しませてくれましたが、結局はその引き立て役に終わった感がありますね。w

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!


2008/5/27 火曜日

『聖闘士星矢』キャラクター列伝 (25) ヒュプノス

Filed under: 『聖闘士星矢』キャラクター列伝 — 聖闘士 星矢 @ 8:17:14

眠りを司る神 ヒュプノス

眠りを司る神 ヒュプノス
※『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』にも登場

【紹介】 

 冥界 嘆きの壁を越え、エリシオンに辿り着いた星矢を待っていたのは、死を司る神タナトス眠りを司る神ヒュプノスだった。

 彼らは神でありながら、冥王ハーデスの配下になった者たちなのだ。

 双子の弟であるタナトスが銀色の髪と目を持つのに対し、ヒュプノスは金色の髪と目を持つ。

 元々は地上のハインシュタイン城の庭の外れの倉庫に置かれた聖柩に封印されていたが、パンドラにより封印から解き放たれた。

 「死はすべてを無にするが、眠りは何ものをも破壊しない」とし、眠りを尊ぶ。 

 パンドラを殺害し、星矢たちを侮ったタナトスを「短慮」と、評した。

 神聖衣(ゴッドクロス)を纏った紫龍氷河と闘い、を眠らせるが、技を見切られ、紫龍氷河の連携に破れる。

 全てを破滅へと追いやるハーデスの真の肉体の覚醒を恐れており、「これですべては闇と化す…」「人間は滅ぶ…」と言い残し、事切れた。

 『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』で描かれた243年前の聖戦では、絵を描いていたアローンの前に森の大聖堂の神父になりすまして現れ、真実の色の赤の存在を教えて、彼をパンドラの下へと導く。

 その後、異空間にアトリエを用意し、パンドラを促して、アローンの記憶の抜けないハーデスをそこに幽閉させる。

 弟のタナトスが封印された後は、眠りの結界に入ったテンマたちを夢の四神(夢神オネイロス、幻夢イケロス、仮象者パンタソス、造形者モルペウス)に迎え撃たせ、自らも闘いの準備をする。

登場 :冥王ハーデス(エリシオン)編(原作)
     コミックス1巻~(『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』)

必殺技:エターナル ドラウジネス

【コメント】

  現在、アニメ「聖闘士星矢 冥王ハーデス エリシオン編」で活躍中!ロストキャンバスでも大活躍!!のヒュプノス様です。

 タナトスと違い、慎重に事を進め、人間も決して侮らず、ハーデスの覚醒によって地上の人間が死滅させられることを恐れていた彼は、敵にしておくのが惜しいくらいのジェントルマンな神様です。(笑)

 神聖衣を纏った紫龍、氷河に意外とあっさりと破れてしまった辺り、彼も“二流神”だったのかもしれませんが。。

 ロストキャンバスでの神父姿もなかなかセンスが良く、ついに冥衣(サープリス)を纏った、今後の活躍にも期待大です!

  原作への流れで、聖柩に封じられることは分かっているので、誰がどうやって彼を封じるのか…?がポイントになってくるでしょうね。

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!


2008/5/20 火曜日

『聖闘士星矢』キャラクター列伝 (24) タナトス

Filed under: 『聖闘士星矢』キャラクター列伝 — 聖闘士 星矢 @ 7:50:47

死を司る神 タナトス

死を司る神 タナトス
※『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』にも登場

【紹介】 

 冥界 嘆きの壁を越え、エリシオンに辿り着いた星矢を待っていたのは、死を司る神タナトス眠りを司る神ヒュプノスだった。

 彼らは神でありながら、冥王ハーデスの配下になった者たちなのだ。

 双子の兄であるヒュプノスが金色の髪と目を持つのに対し、タナトスは銀色の髪と目を持つ。

 元々は地上のハインシュタイン城の庭の外れの倉庫に置かれた聖柩に封印されていたが、パンドラにより封印から解き放たれた。

 そのパンドラハーデスの世話を命じ、108の冥闘士(スペクター)を統べる力を与えるが、自軍を裏切った彼女を殺害する。

 遠く離れた場所にいる者にでも死を与えることが出来るタナトスは、星矢の前で聖域にいる彼の姉 星華を攻撃するが、魔鈴邪武たちが身を挺して彼女を守った。

 また、アテナの血によって蘇った聖衣(クロス)を破壊し、海皇ポセイドン星矢たちに送ってよこした黄金聖衣も一瞬にして粉々にするなど、圧倒的な力を見せるが、神聖衣(ゴッドクロス)を纏った星矢には適わなかった。

 『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』で描かれた243年前の聖戦では、配下の冥闘士(スペクター) 天究星ナスのベロニカに力を与え、死の森でテンマたちを襲わせるが、ベロニカ蟹座(キャンサー)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)マニゴルドに破れ、彼と師である教皇セージに離宮侵入を許す。

 ダブルの積尸気冥界波(せきしきめいかいは)により魂を仮の肉体から引きずり出され、マニゴルドの捨て身により、魂が戻る依代(よりしろ)としての肉体は消滅。

 その後、タナトスセージの肉体を乗っ取ろうとするが、それもセージの読み通りで、彼は法衣の下に兄ハクレイの祭壇星座(アルター)の聖衣を身に纏っており、そこに兄弟が注ぎ込んでいた小宇宙(コスモ)により、動きを封じられる。
 タナトスの魂はセージにより、アテナより預かった聖柩に封じられた。

登場 :冥王ハーデス(エリシオン)編(原作)
     コミックス6巻~8巻(『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』)

必殺技:テリブル プロビデンス
    タルタロズ フォビア(『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』)

【コメント】

  現在、アニメ「聖闘士星矢 冥王ハーデス エリシオン編」で活躍中!ロストキャンバスの第8巻でも大活躍!!と、今が旬のタナトス様です。

 ヒュプノス曰く「短慮」なタナトスは、人間をとことん見下しており、虫ケラ同然に思っています。
 それゆえに、傷付けられると激高も。

 しかし、原作では彼との闘いが、対ヒュプノス戦、対ハーデス戦よりも長く描かれたことと、神話の時代から破壊されたことのない黄金聖衣を一瞬にして粉々にしたことなどから、圧倒的な力を持っていたイメージがあります。

  また、発売中の聖闘士聖衣神話のタナトスがカッコイイです!

 神であるだけに、その重量感とクオリティーは感涙もの。笑

  「…許せん!!人間が!!!」は私の中のロストキャンバス名台詞の一つです。

 (フォントサイズも過去最大ですし・笑)

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!


次のページ »

HTML convert time: 0.765 sec. Powered by WordPress ME