2009/12/17 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第161話 メフィストフェレス

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 8:42:04

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第17巻は絶賛発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.4も12月23日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 双子座(ジェミニ)アスプロスの前に現れた天魁星メフィストフェレスの杳馬は、神話の時代、冥王の体に傷をつけた唯一の男 天馬星座(ペガサス)の聖闘士(セイント)の現世での父であり、アスプロスにも因縁があった。

 彼は、聖域(サンクチュアリ)で修業を積む幼き日のアスプロスに近寄り、弟デフテロスへの不安を煽ったのだ。

 アスプロスは、聖域には異質なタキシードの男の「俺、一番目より二番目が好きよ!!」「いつだって、一番目の寝首を狙っちゃう」という言葉に反論するが、男は少年に巨岩を砕くデフテロスの姿を見せ、その胸の内を掻き乱す。

 そして、その瞬間を狙い、少年の心に闇の一滴を落としたのだった。

 邪悪の一滴に踊らされ、兄弟間の争いを繰り広げていたことを知ったアスプロスは、自らを責めるとともに、杳馬の真意を問い質す。

 だが、タキシードの男より返ってきた答えは、「双子がどんなタップを踊るのかと思ってな!!!」というものだった。

 怒りの拳を放つアスプロスだが、杳馬は再び時を止め、「双子の時間(ステージ)は閉幕だ」と言うと、マーベラスルームを展開する。

 全てのものが量子レベルにまで分解されるという空間に誘われる、双子座の黄金聖闘士。

 その姿は粒子となって消えた。

 杳馬は次に息子であるテンマに狙いを定めるが、テンマとアテナに因縁を持つハーデスは釘を刺す。

 が、「あいつだって俺の蒔いた闇の一滴の一つ。神殺しの力を持つ、自慢の息子です。消すなんて、もったいない!!!」と杳馬。

 彼はペガサスに乗り、一気にテンマの下へと飛ぶ。

  今、親子の時間が動き出す!!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、OVA第4巻の封入特典と該当プロモーション、シリーズ特典のドラマCDの主演が公開されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/12/10 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第160話 あるべき姿

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 8:37:14

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第17巻は12月8日発売!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.4も12月23日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 壮絶なギャラクシアンエクスプロージョン同士のぶつかり合いの末、弟である双子座(ジェミニ)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)デフテロスを倒したアスプロスだっだが、血の涙を流し、半身をもがれたような痛みを感じる。

 彼は、片割れになった命を全うする決意を胸に、自らに仮初めの命を与えた冥王の下を訪れるのだった。

 ロストキャンバスの制作に勤しんでいたハーデスは、来訪者の顔も見ずに、アスプロスの髪の色が戻ったことを指摘する。

 彼の漆黒の髪は魔拳で染まったものだったが、目の前で弟が死ぬことにより、その色が抜け落ちたのだと、双子座の兄は説明した。

 そして、冥王を背後より討とうとするが、その拳は絵筆に止められる。

 「お前の色は醜い、今再び死人に還るがいい!!!」

 冥王の一撃は彼を灰に返そうとする。

 だが、炎に焼かれた法衣の下より現れたのは、紛れもない双子座の黄金聖衣(ゴールドクロス)!

 アスプロスの命は既に冥王に与えられたものではなく、弟からもらったものとなっていため、ハーデスの支配を脱していたのだ!

 さすがの冥王も自らが与えた体に黄金聖衣が装着されたことに驚きの表情を見せる。

 双子座の聖衣はアスプロスの半身-即ち、デフテロス。

 光と影と相反し続けた双子の兄弟は、ようやく同じ敵に拳を向けられるようになったのだ。

 二つの思いが混じり合い、調和する…。

 ハーデスはアスプロスの心を自分と少し似ていると言った。

 そして、神に向け、遂に放たれたギャラクシアンエクスプロージョン

 だが、時が一瞬止まり、声が響く。

 「せっかく俺が何年もかけてかき回してやったのに、この双子ども、いつの間に決着つけてやがんだ!!」

  そこに現れたのは、天魁星メフィストフェレスの杳馬-冥王の宿敵の父だった!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、OVA第4巻の発売日と封入特典が公開されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/12/2 水曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第159話 消滅

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 15:25:31

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 双子の兄弟によるギャラクシアンエクスプロージョン同士のぶつかり合い-。

 それは宇宙開闢のようでもあり、個人同士の存在をかけた争いのようでもあり、一人の人間の善悪のせめぎ合いにも似る。
 どちらかが消滅するまで!!!

 そんな極限状況に高揚感すら覚える双子座(ジェミニ)アスプロスだが、彼はその最中、弟デフテロスの不快な目を目にする。

 その目は聖域(サンクチュアリ)での修業時代からアスプロスを見すえていた。

 そして、隠された存在であるはずの弟が一人必死で磨いた拳は、いつしか兄を脅かしていたのだ。

 どんなに走っても影のように近い実力をつけてくるデフテロス。

 「お前は俺になり変わりたいのか…?」
 アスプロスの中には、いつしかそんな疑念が生まれていた。

 そんな目をした弟を兄は潰したかった。

 「結局、俺たち双子は争うしかないのだ。俺たちは互いに存在を脅かし合う。どちらかを消し去るまでな!!!」
とアスプロス。

 「俺もそう思う…兄さん!」
 弟はそう答えた。

 ぶつかり合う、二人の思いと小宇宙(コスモ)。

 凄まじい爆発が起こり、その煙が晴れた後、兄はそこに、血を流し、動かぬ弟の姿を見る。

 だが、デフテロスは口を開き、語り始めた。

 「こうなってやっと、俺たちは互いの目を見て、語れる。子供の頃以来の、穏やかさで。」
 「これでいい。俺の一撃は確実にお前の芯を貫いた」

 アスプロスの目から一筋の血が流れると、次の瞬間、彼の漆黒の髪は色を失い、真っ赤に染まっていた目は涼やかさを取り戻す。

  弟は兄を黒い呪縛から解き放つと、双子座の黄金聖衣(ゴールドクロス)を残し、消滅した…。

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、射手座の聖衣の分解設定図が紹介されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/11/26 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第158話 半端

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 0:11:46

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 カノン島で修業を積み、自我を掴み得た双子座(ジェミニ)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)デフテロスは、“猛るこの星の我”マウロスエラプションクラスト双子座の冥闘士(スペクター)アスプロスに放つが、兄はそれを「半端」と片づける。

 そして、マウロスエラプションクラストの威力をも取り込んだギャラクシアンエクスプロージョンを弟に放った。

 「何故、使わなかった、双子座最強のギャラクシアンエクスプロージョンを」と問う兄に、デフテロスはそれを絶対に撃たないだけでなく、「この技を今の貴様が放つのすら、虫唾が走る…!!!」とまで言う。

 そんな弟を半端だと切り捨て、頭を踏みつけるアスプロスは、デフテロスの記憶の優しい兄は全て幻想だと語った。

 さらには、「俺なら、悪と呼ばれる行いでも実行する」と豪語し、地上と冥界を支配するという野心を叶えるためなら、弟を利用し、教皇や神々さえも殺すと言い切る。

 次の瞬間、アスプロスの拳先からマグマがトンネル状に弧を描き、その中より立ち上がったデフテロスは、「俺の兄はもう死んだ!!ならばもはや…一片の情を残す必要はないのだな!!?」と言い、双子座最強の技の構えを取った。

 デフテロスは、兄だけに許された不可侵の技であったギャラクシアンエクスプロージョンを、兄の影を討つために放つ覚悟を決めたのだ!

  「我が野望に死ね!!デフテロス!!!」
  「アスプロスゥァァァ!!!」

  殺意も尊敬も良き思い出も銀河に散らす、兄弟のギャラクシアンエクスプロージョンが、今、ぶつかり合う!!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、21日に発売となる聖闘士聖衣神話「ベヌウ輝火」が紹介されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/11/18 水曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第157話 鬼の如く

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 22:15:59

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 乙女座(バルゴ)アスミタの導きによって、己自身を見出し、幻朧魔皇拳の呪縛に抗ったデフテロスの拳は兄である双子座(ジェミニ)アスプロスの胸を貫いた。

 「影」「傀儡(くぐつ)」「模造品(レプリカ)」「二番目」
 何とでも言え、たいした言葉でもない。
 別に俺たちは、光でも影でもなかったのだから!!!

 魔拳を打ち破ったデフテロスの決意によろめくと、背後の壁幕を掴み、鋭い目つきで教皇を睨むアスプロス。

 そんな男に、教皇セージは次期教皇の座は彼のものになるはずだったことを告げる。

 射手座(サジタリアス)シジフォスはすでに教皇候補を辞退しており、その心に歪みなど存在しないと示せれば、アスプロスが教皇に選ばれていたのだ。

 「アスプロスよ、…何故…私の策にはまったのだ!!!」

 声を上げて嘆くセージ。

 すると、アスプロスは不気味に笑い、自らの脳に幻朧魔皇拳を撃つと、「死して後、その座、受け取りに参りましょう」と言って、果てるのだった。

 セージはデフテロスに詫びるが、裏切り者の弟は、これは自らの心に潜み続けた引け目が招いたことだから、謝る必要はないと告げ、兄の遺体を抱える。

 そして、やがて来る戦いに備え、カノン島で鬼の如く力を求め続けると言うデフテロスに、セージは双子座の聖衣(クロス)を託す。

 
 今、ロストキャンバスの火星(マルス)に立つデフテロスの眼前には、半身であり宿敵である兄の姿があった。

 双子座の冥衣(サープリス)を纏ったアスプロスは、幻朧魔皇拳を受けた弟にアテナの首をとってくるよう命じるが、次の瞬間、宮全体がマグマの海に包まれる!

 それは再び魔拳を破ったデフテロスの起こしたものだった。

  そして、二番目と呼ばれた男は、全てを、己を、屈服させる自我の力を兄に叩きつける!
 猛るこの星の我 マウロスエラプションクラストによって!!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、天孤星ベヒーモスのバイオレートの設定画と新商品のジグソーパズルの紹介がされています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/11/10 火曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第156話 罪

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 22:38:27

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 教皇の間で迎え撃つ、教皇セージ乙女座(バルゴ)アスミタに対し、弟デフテロスを従えた双子座(ジェミニ)アスプロス
「この戦い程度に千日もかけるつもりはない」
「俺とこいつがいれば、明朝には一人の逆賊に討たれた血塗れの教皇と乙女座の死骸が、この間に転がるだろう!!!」

と豪語した。

 そんな兄の姿に、幻朧魔皇拳に操られた弟の心は苦しむ。

 魔道に堕ちたアスプロスに対し、オームを放つアスミタだが、それを弾いたのはその傀儡(くぐつ)。

 教皇がアスプロスを引き受けている間、アスミタは彼-デフテロスに相対することになる。

 魔拳の支配下にある男の目を見るアスミタ。

 神にもっとも近い男は、デフテロスが捕らわれているのは魔拳だけではないと言う。

 そして、彼の心の世界を彼自身に見せた。

 そこにあったのは、茨に縛られたデフテロスの脳。

 その縛りは、人一人が目の前で死なない限り、解けることはない。

 さらに、アスミタは、デフテロスが魔拳を受けるまでもなく、ずっと兄の傀儡であり、アスプロスの失墜の原因の一端は、彼が影として兄の傀儡に甘んじたこと-それこそがデフテロスの罪だと断罪した。

 「ならば…俺は兄の何であれば良かったのだ!!!」と問うデフテロスに対し、アスミタは自分で答えを見つけるよう、諭す。

 目覚めたデフテロスの眼前には、血に塗れたセージの首に手を掛けるアスプロスの姿。

 兄は弟に、仕上げとして、教皇を葬るよう、命ずる。

 だが、その拳は兄を捉えるのだった!

  己が己であるために、デフテロスは鬼となる道を選んだのだ!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、10月18日に行われたOVAスクリーン上映&出演声優トークイベントの模様がレポートされています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


次のページ »

HTML convert time: 0.671 sec. Powered by WordPress ME