2009/10/31 土曜日

THE LOST CANVAS ユズリハ外伝 血墨の紋

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 23:54:44

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第16巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.3も発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 インドとチベットの国境 ジャミールー。

 そこには、父と母と弟を転落事故で失い、一族の血を絶やさぬために嫁ぐことを決めた少女ユズリハがいた。

 彼女の夢は、今、その背後に立つ黄金聖闘士(ゴールドセイント)牡羊座(アリエス)シオンのような戦士になることで、シオン自身もそう信じていたのだが、悲劇が彼女の運命の全てを変えてしまったのだ。

 18世紀、冥王ハーデスの復活により、新たなる聖戦が幕を開けた。

 各地で猛威を振るう冥闘士(スペクター)たちを討伐すべく、聖域(サンクチュアリ)の教皇は聖闘士を各地へ派遣していた。

 そして、黄金聖闘士のシオンもまた、彼の故郷であるジャミールに派遣されてきたのだ。

 館で彼を待っていたのは、師であるハクレイ

 シオンは師に、教皇セージが星見によりジャミールに凶星の兆しありと告げたことを報告する。

 弟子の一人トクサが死に、もう一人、ユズリハも嫁に行くため、弟子三人に去られてはさすがに落ち込むからと、気を付けるようにとシオンに言葉を掛けるハクレイ。

 その頃、ユズリハは夢で、戦士になるには不要だからと、母よりもらったストールを返してしまった時に、男の自分が家を継ぐと言ってくれたトクサの姿を思い出していた。

 目を覚ました彼女は、次の瞬間、目を疑う。

 怪我をしながらもそこに立っていたのは、紛れもないトクサの姿。

 姉は弟を抱きしめるが、その背を黒い小宇宙(コスモ)が狙っていた。

 その小宇宙はシオンも感じていた。

 彼が駆けつけた先ではユズリハの家が燃えており、その前には膝をつく彼女の姿が。

 「申し訳ありません…我が一族より魔が…、魔星が…」とシオンに詫びる彼女の視線の先に立つのは、冥衣(サープリス)を纏ったトクサの姿。

 彼は、死の神タナトスの声を聞き、百八の魔星の一つ、天巧星ハヌマーンのトクサとして目覚めたのだという。

 死の神は、永遠の命を与える代わりに、その代償として、愛する者たちの死を捧げるように言ってきたのだという。

 それは彼の両親の死だった。

 そして、次には自らの姉の死も捧げようというトクサは、積尸気如意霊臨(せきしきにょいれいりん)を放つ!

 光の柱のように撃たれた霊魂よりユズリハを守ったのはシオン。

 そして、次なるトクサの動きを封じたのは、ユズリハが母より譲り受けたストールだった。

 冥王の軍門に下った弟に、それは戦には不要じゃなかったのかと言われるが、姉は自分が何かを守って戦ってなきゃ気がすまないのだと答える。

 血筋も家紋も父や母の思いも、地獄まで守っていくつもりなのだ。弟の血をその身に刻み込んで…。

 シオンは弟を討とうとするユズリハを止めるが、トクサは姉が戦いで傷だらけになるのはシオンのせいだと責める。

 彼女がシオンの強さに憧れ、目指し続けたからだと。

 ならば、自身の手で姉の命を散らすのみと拳を振るうトクサに、シオンはスターダストレボリューションを放つ。

 それはトクサを打ち砕いた。

 シオンは、自らの使命は、兄弟子として、歪んだトクサからユズリハの道を守ること、そして、トクサに引導を渡すことだと言った。

 そして、ユズリハは弟の手を取り、トクサはその手の中で果てた。

 「シオン様、私はやはり戦士として、この先も強くあります。…だけど」と呟くユズリハに、シオンはただ「ああ…」とだけ答えた。

 その夜、ユズリハは弟の亡骸を抱え、泣いた。

  その日から、彼女は弟の血を掬い、家紋をその身に刻んだのだった。
  鶴星座(クレイン)のユズリハ-彼女の決意と共に。

 
 『プリンセスGOLD』2009年11+12月号には、聖闘士星矢とTHE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス)の作品紹介ページもあります。必見!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2008/7/11 金曜日

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』キャラクター列伝 (23) トクサ

Filed under: 『ザ ロスト キャンバス』キャラクター — 聖闘士 星矢 @ 7:51:40

トクサ

画像「トクサ」 

【紹介】 

 天究星ナスのベロニカが支配する死の森において、腐臭漂う沼に引きずり込まれた鶴星座(クレイン)ユズリハに、沼の魔人が語りかけ、死んだ弟のトクサの姿を見せる。

 トクサは姉に「ジャミールに帰りたい」と告げた。
 魔人は次に一角獣星座(ユニコーン)耶人(やと)を殺し、その命を移せばいいと誘惑する。

 ユズリハは再び弟と故郷で過ごしたいという想いを抱くが、そのためには聖戦を終わらせる必要があると言い放ち、絢舞裳閃脚(けんぶしょうせんきゃく)を放つ。

 魔人「実の弟すら、戦いのために捨てるというのか」と問うが、ユズリハはそれが自分の選んだ道だと言い、弟たちの守りたかった故郷や地上を一身に背負うアテナ(サーシャ)を、テンマ耶人と守ると誓うのだった。

 その後、仮象者パンタソスにより誘われた夢の世界で、ユズリハが故郷の大地でトクサと過ごす姿が描かれている。

登場 :コミックス7巻,9巻

【コメント】

 ジャミール一族はムウ、貴鬼、シオン、ハクレイ、セージ、ユズリハ、アトラだけじゃない!

  ってことで、ユズリハの弟トクサ君です。

 イラストは、某ヴィジュアル系バンドのボーカルさんみたいになってしまいましたが。。

 ロストキャンバス第57話「誘惑」を見た限りでは、どうやら、既に死んでしまっているようですね。
 すごい火傷の痕があったことから、火事で亡くなったものと思われます。

  聖戦が終わった後に、何らかの形で、ユズリハがトクサとジャミールの地で再会出来るといいですね。

 その時にはユズリハも死んでしまっているかもしれませんが…。

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!


2007/10/18 木曜日

LC第57話 誘惑

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 9:15:38

LC第57話 誘惑
[週刊少年チャンピオン47号掲載]
※ネタバレ必死!

【あらすじ】

テンマの前に現れた、ハーデスと冥王軍によって殺されたはずの孤児院の子どもたち。

テンマは彼らが無事だったことに涙して抱きしめるが、彼らは既に命ある者ではなく、いまだ血のあたたかいテンマを妬んでおり、牙を剥く。

想いを裏切られたテンマは「ちくしょオオーッ!!!」と絶叫するのだった。

一方、腐臭漂う沼に引きずり込まれた鶴星座(クレイン)ユズリハに、沼の魔人が語りかけ、この森はあらゆる死の符号が俗世と入り混じる場所だと教える。

魔人は、ユズリハに死んだ弟のトクサの姿を見せ、トクサは姉に「ジャミールに帰りたい」と告げる。

沼は次に一角獣星座(ユニコーン)耶人(やと)の姿を見せ、弟を救いたければ、耶人を殺し、その命を移せばいいと誘惑する。

ユズリハは再び弟と故郷で過ごしたいという想いを抱くが、そのためには聖戦を終わらせる必要があると言い放ち、ストールを沼に巻き付け、小宇宙を燃やして熱を送り込んだ。

高熱により体の固形化した沼の魔人に、ユズリハは絢舞裳閃脚(けんぶしょうせんきゃく)を放ち、粉砕。

魔人は「実の弟すら、戦いのために捨てるというのか」と問うが、ユズリハはそれが自分の選んだ道だと言い、弟たちの守りたかった故郷や地上を一身に背負うアテナを、テンマや耶人と守ると誓うのだった。

【感想】

今回は文句なくユズリハが主人公!
彼女の過去、背負うもの、そして、その信念が垣間見れます。

強く、カッコイイ女性ですよね。

彼女には、聖戦を生き抜き、死んだ弟の分まで幸せをつかんでもらいたいのですが…実際には、童虎とシオン以外の全ての聖闘士(セイント)は死ぬ運命にあるんですよね。。f^_^;

【今回の名台詞】

「ちくしょオオーッ!!!」(テンマ)
→想いを裏切られた彼の絶叫。この一言に全てがこもっている気がします。負けるな、テンマ!

「後悔するぞ、必ずな!!」(沼の魔人)
「そうだろうな。選ぶってのは、それがつきものだから。だが、ナメるなよ。私も弟もジャミールの戦士なのだから。」(ユズリハ)

→この言葉には、彼女の人生観がこめられている気がします。そして、強く、凛としたユズリハの決意が見えました。

画像の出典:『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』(原作:車田正美、漫画:手代木 史織、秋田書店)


2007/10/12 金曜日

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』キャラクター列伝 (8) ユズリハ

Filed under: 『ザ ロスト キャンバス』キャラクター — 聖闘士 星矢 @ 4:11:57

鶴星座(クレイン) ユズリハ

ユズリハ

【紹介】 

テンマの故郷での冥王軍の強襲から生き延びた一角獣星座(ユニコーン)耶人の前に現れたのがジャミールの女戦士ユズリハだ。

彼女は、ハーデスの絵により命を奪われたかに見えたテンマはまだ完全には死んではいないと告げ、テレポートにより耶人とテンマをジャミールの長の下へと連れて行く。

長の積尸気冥界波(せきしきめいかいは)で耶人とともに冥界に行き、テンマを救うと、冥闘士たちを倒すには冥界の深部にある木欒子の実が必要だと教える。

血の大瀑布で見事、その実を手に入れると、テンマ、耶人とともに生還を果たしたのだった。

その後、聖域(サンクチュアリ)で鶴星座(クレイン)の白銀聖衣(シルバークロス)を受け取り、ジャミールの長の命により、耶人とともに、牢に幽閉されたテンマを救い出すと、彼らとともにハーデス城へ向かう。

登場 :コミックス2巻~

【コメント】

主人公パーティの一人として大活躍のユズリハです。
白銀聖闘士(シルバーセイント)となった彼女ですが、聖衣を纏う前からその戦闘力はテンマ、耶人を凌駕していました。

普段は口数も少なくクールですが、とても頼りになる戦士です。

彼女の過去や目的について、いずれ語られる日が来るのか、楽しみです。


HTML convert time: 0.554 sec. Powered by WordPress ME