2010/3/24 水曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第173話 歴史の咆哮

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 23:56:06

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第18巻も好評発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 第七獄(プリズン)コキュートスに眠る前戦士たちの想いを受け、彼らと共に立ち上がった牡羊座(アリエス)シオンだが、その手に持つ書で全てを知る天英星バルロンのルネに対し、勝ち目はないかに思えた。

 「お前が知るのは、過去の私だけだろう?」と言うシオンが取った構えは、かつて師ハクレイ眠りの神ヒュプノスを倒した大技。

 シオンはその技を師から受け継いでいない。また、見よう見真似で出来る技でもない。

 だが、彼は彼自身が忘れられない師の背のように、自らも全てを抱える覚悟なのだ。

  そして、放たれた積尸気転霊波!

 それはルネとその書を砕いた。

 書に記された以外のことが起こり、信じられないという思いに駆られるルネだが、シオンはそれをルネの見落としてきた「歴史の咆哮」だと言った。

 ルネは初めて会った時から知っていたのだ、全てを背負うことの出来る、彼のその素質を。

 幾多の魂が巻き起こした光の暴発の中で、自らが認めた「統べる者」の素質に満足の笑みを浮かべながら、ルネは散った。

 転霊波の勢いでコキュートスよりロストキャンバスの「金星」に戻ったシオンは、死んでいった黄金聖闘士(ゴールドセイント)たちや師ハクレイの歴史を記した書のページが舞う中、今生きている仲間たちの下へと急ぐ。

 一方、次の魔宮「地球(テラ)」があるはずの場所に辿り着いた天馬星座(ペガサス)テンマたちだったが、そこに魔宮の姿はなく、黒い炎のアンクだけが揺らめいていた。

  そして、そのアンクを自身の人間としての情の墓標だと言う、天暴星ベヌウの輝火が現れる!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、OVA第6巻の発売日とスクリーン上映イベントファイナルの情報が掲載されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/3/17 水曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第172話 氷結地獄(コキュートス)

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 23:29:28

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第2巻は好評発売中!
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第18巻も好評発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 天英星バルロンのルネにより氷結地獄(コキュートス)に堕とされた牡羊座(アリエス)シオン

 そこには、かつての聖闘士(セイント)たちが首だけ出した状態で埋められ、氷漬けとなり、朽ちていた。

 安らかに眠っていると思っていた彼らの悲惨な姿に愕然とするシオンに、「これが君の言う現実だ!」と言い放つルネ。

 人間の分際で神々に仇なし、闘いを仕掛けた聖闘士は最も重い罪を犯した者たちだというのだ。

 ルネは言う。

 「君、彼らの遺志を継ぐと言うことは、この大罪も苦しみも継ぐということだぞ」

 疑念がシオンを襲う。

 命をかけて戦ったその末路に待ち受ける、この苦しみは耐える意味があるのか…?

 前戦士たちはこうなることを承知の上だったのか?望んでいたというのだろうか…?

 そして、私は耐えられるのか…?と。

 だが、シオンはハーデスを倒し、彼らの魂を解放する決意を固めた。

 覚悟を決め、スターダストレボリューションを放つシオンだが、技の発動後に一瞬のスキが生じることを知るルネにかわされ、逆に、鞭で弾き飛ばされる。

 さらには聖衣(クロス)のミクロの傷を突かれ、血を噴き出し、倒れるシオン。

 書に記した歴史から、全てを知る自分には、神以外何人もかなわないと豪語するルネ。

 倒れたシオンの体からハクレイより受け継いだ血が流れ出すが、それを流させまいとする声を聞く。

 声は言う。

  「お前は鎹(かすがい)になれる。過去と次代をつなぐ大事な鎹。だから立て、お前は大事な…私たちの子」

 氷漬けの同胞たちの想いを受け、彼らと共に立ち上がったシオン。

  彼は、自らが鎹となり、歴史的な勝利を未来に作り、その同志たちを救うことこそ、自らの使命と確信したのだった!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、CSキッズステーションでのTVアニメ放映の情報が掲載されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/3/11 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第171話 継承者

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 4:38:59

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第18巻は3月8日発売!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.5は絶賛発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 天英星バルロンのルネリーインカーネーションの文字の呪縛を右腕より撥ね退け、床の裂け目より脱した牡羊座(アリエス)シオン

 師に付けられたその腕の傷に想いを馳せ、小宇宙(コスモ)を燃やす。

 かつて、一度はルネの誘惑に乗り、自らが修復していた聖衣(クロス)を破壊したシオンは自らが弄んできた彼らに取り囲まれていた。

 そんな彼らに自らの醜態を晒すのも仕方がないとの思っていた。

 やがて、師ハクレイの呼びかけで目を覚ます。

 ハクレイは腕に腕を重ね、傷口を介し、自らの血を与えることで、弟子を生かそうとしていた。

 だが、シオンは、自らの犯した罪に、その資格はないと、師より離れる。

 そんな少年に前聖戦より生き残った祭壇星座(アルター)の聖闘士(セイント)は言う。

 「真にお前の命を救ったのは聖衣(こやつら)なのじゃぞ!!!」

 聖衣たちはシオンの体から流れ出る血液を留め続けていたのだという。

 その血を浴びれば、ひび割れた体を回復できたかもしれないのに。

 そう、彼を取り巻く聖衣たちはシオンを憎んではいなかった。

  自分たちが守った時代を生きる彼に、自分たちの歴史を知り、継いでもらいたかったのだ。

 現実という歴史の中で彼らの思いを継ぎ、生き抜く決意をしたシオンは、自らを変えた傷の刻まれた腕を振り、小宇宙を発散して、文字の縛りを完全に解く。

 シオンの強き思いを目の当たりにしたルネは、本を広げ、前戦士たちの眠る場所へと彼を導く。

 そこは、神に刃向かった罪人の堕ちる場所-氷結地獄(コキュートス)。

  そこに現れたルネは、前戦士たちの横をシオンの墓穴とすべく、冥衣(サープリス)を纏っていた!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、2月14日に行われたスクリーン上映&出演声優トークイベントの模様が掲載されています!

 そして、次号予告のページには「ついにTVアニメ放映開始!」との報が!!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/3/4 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第170話 生きた歴史

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 12:38:23

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第18巻は3月8日発売!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.5は絶賛発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 多くの人間の生涯を眺めるという誘惑に乗り、天英星バルロンのルネとともに行くため、槌を振り回し、自らが修復をしていた聖衣(クロス)を次々と破壊する、かつての牡羊座(アリエス)シオン

 だが、その前に一つの聖衣が立ちはだかる。
 傷一つないそれは明らかに、シオンが修復を手掛けたものではなかった。

 再び槌を振りかざすシオンだが、その祭壇星座(アルター)の聖衣の鏡面に映し出されたのは、師ハクレイの若き日の姿。

  そこにはハクレイと同志たちの生きた歴史が刻まれていた。

 師らの生き様と想いに胸が熱く、切なくなり、涙を流すシオン。

 歴史の統治者となるにはそんな共感は無用だと忠告をするルネだが、シオンの胸の内には迷いが生じていた。

 「私はまだ…彼らを見続けるべきなのかもしれん。」

 そう語るシオンに対し、ルネは人間最大の罪とは逡巡だと教え、スーツケースより取り出した鞭で打った。
 首から血を噴き、倒れたシオンを背に、ルネはその場を去る。

 聖衣を壊し、前戦士たちの心も破壊した…
 それはシオンの罪となり、ルネの記した文字とともに、今、彼の五体を締め付ける。

 罪に縛られた男を再び地獄へ落そうとするルネだが、シオンの右腕だけは文字を退け、転落を防ぐ。

 聖衣を外すと、その腕には別の傷が刻まれていた。

  それは師によって託された傷であり、二百数十年前から流れる熱い血が彼を生まれ変わらせたのだった!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、遂に発売されたOVA第5巻の名シーンが公開されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/2/25 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第169話 遊戯場

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 12:52:07

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第18巻は3月8日発売!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.5は2月24日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 因縁の相手である天英星バルロンのルネが放つ魔鞭に対し、スターダストレボリューションをぶつけた牡羊座(アリエス)シオン

 だが、ルネは書架の中に無傷で座っており、「撃つ場所には気をつけろ。書が汚れる」と言う。

 そこに並ぶ書は全人類の生涯、歴史の溜まりであり、それを思いのまま楽しめるルネは、自らが選ばれた統治者だと語った。

 そして、驚愕の表情を浮かべるシオンに対し、リーインカーネーションを浴びせる。

 その技を受けた者は、過去に犯した罪と恥に苛まれ、後悔し、悶え死ぬのだ。

 シオンの罪が暴かれていく…。
 そこは傷を負った聖衣(クロス)が無数に並ぶ場。うっすらと聖闘士(セイント)たちの姿も見える。

 かつて聖衣の修復をしていたシオンは、聖衣の傷に触れることで、前戦士たちの生涯を読むことが出来、それを楽しんでいたのだ。

 自身の遊戯場、自身の統べる国で、悦に入るシオン。

 そこに現れたルネは彼の異能の力を評価した。

 ルネは「もっと多くの生涯を見せてやろう」「人の生命の歴史、永遠に眺め続けないか?」とシオンを誘う。

 その言葉に息を呑む若き修復者。

 彼はルネの差し伸べる手に自らも手を伸ばすが、彼を取り囲む聖衣たちは浮き上がり、離れまいと訴える。

 「私と共に行くならば、彼らは切り捨ててもらわねば」と選択を迫るルネ。

  シオンは真の統治者となるため、聖衣たちを破壊するのだった!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、OVA第5巻限定の豪華封入特典と秋葉原での街頭プロモーション情報が公開されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2010/2/19 金曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第168話 統治者

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 5:11:44

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第17巻は絶賛発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.5は2月24日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 ロストキャンバス第二の魔宮 金星の守り人 天英星バルロンのルネは、旧知の関係である牡羊座(アリエス)シオンに語った。

 「ここにある書物、一体どれだけの人間の生涯を記録していると思う?」
 「数億だ」
 「いや、有史以来、私の記録してきた数はその比ではない」

 ルネは全ての人間の歴史を識る者であった。
 そして、シオンもかつてはその資格を持っていたという。

 師であるハクレイとの出会いが彼を変えたのだ。

 シオンはルネに机上より下りてくるように言う。

 続けて、そこをどくように訴える天馬星座(ペガサス)テンマ

 だが、一言、「静粛に!」と制するルネ。

 再び統治者としての道を歩むよう勧めるルネは、シオンたちの立つ床を裂く。

 その下は地獄。
 自らの導きに答えなければ、シオンの生に意味はないと、バルロンの冥闘士(スペクター)は言う。

 ルネの知るシオンは、書物を読むルネ自身と同じように、数多の聖衣の傷を数えていたのだ。

 だが、シオンは今はもう統治に興味はないと切り捨てる。

 「転落していく」統治者の生を終わらせようと、ルネはさらに激しく床を砕く。

 それに対し、シオンは自らの持つ最大の防御壁クリスタルウォールを発動。

 さらに、ウォールを倒し、橋とすると、その上に仲間たちと共に立った。

  生きた仲間たちを誇らしげに語るシオン。

 彼はサーシャたちに先へ進むように言うと、その姿に若き日のハクレイを思い出すと返される。

 微かに笑みを浮かべると、サーシャたちを急かすシオン。

 ルネの鞭がサーシャ、テンマ、獅子座(レオ)レグルスの三人を狙うが、再度放たれたクリスタルウォールがそれを阻む。

  ルネはそんなシオンの姿に「やはりあの時、首を切り落としておくべきだった」と語った。

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、OVA第5巻限定の豪華封入特典と秋葉原での街頭プロモーション情報が公開されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


次のページ »

HTML convert time: 0.912 sec. Powered by WordPress ME