2009/1/15 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第116話 先陣

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 14:00:06

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第12巻は2月6日発売です! 
『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION(ネクスト ディメンション) 冥王神話』単行本(コミックス)第1巻も同時発売!

【あらすじ】 

 沐浴をする天狐星ベヒーモスのバイオレート天雄星ガルーダのアイアコスに召喚され、湯を出る。

 バイオレートは女性で、その体には無数の傷があった。

 修道女のような女性たちがバイオレートに冥衣(サープリス)を纏わせる。

 彼女は地の獣である自らが飛翔を許される瞬間を前に、胸の高鳴りを抑えきれずにいた。

 それは彼女にしか出来ない役目なのだ。

 自らが慕うアイアコスのために-。

 ガルーダを模った巨大船の先端に立つアイアコス。

 彼は、彼女にそこからの眺めを見せ、そこが自分たちの領域だと語った。

 三巨頭最後の一人はバイオレートの腰を掴むと、「地平の弧を歪めるのも崩すのも、カルラ王たる俺の特権だ」と豪語し、自分を楽しませるよう、彼女に告げた。

  ガルーダフラップ!

 アイアコスの必殺の拳で、バイオレートの体は加速を付けて、宙を飛ぶ。

 地上では鶴星座(クレイン)ユズリハが巨大な小宇宙が迫るのを感じていた。

 次の瞬間、大地が十字に裂け、帆船の修復作業に取り掛かっていた聖闘士たちは一斉に傷を負った。

 彼らが目にしたのは、立ち上がる一人の冥闘士-バイオレートだった。

 彼女が皆殺しを宣言すると、その背後より、アイアコスの船が現れた!

 *   *   * 

 アニメ情報を伝える『小宇宙通信』には、アローン役下野紘さん、パンドラ役水樹奈々さんのコメントが掲載されています!

【感想】

  何と、バイオレートは女性だった!

 しかも、アイアコスを愛してしまっているようですね。
 そして、この冥界三巨頭最後の一人“カルラ王”はそれを利用している節があります…。

 原作のアイコのイメージとかなり変わったなぁ。f^_^;

 今回は冥王軍ターンで、アテナ側の動きはほとんどありませんでした。
 ユズリハがバイオレートの接近に気付き、青銅二軍&雑兵の皆さんが傷ついてしまったくらいで…。

  果たして、バイオレートと闘うのは誰なのか!?
  そして、アイアコスの動向は!?

  聖戦もここで一山ありそうです!!

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください!


2008/12/11 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第113話 生きる

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 13:05:50

「友よ、ブルーグラードを頼んだぞ」
[週刊少年チャンピオン2+3号掲載]
※ネタバレ必至!

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第11巻は発売中です!

【あらすじ】

 オリハルコンを持って聖域(サンクチュアリ)へと走るよう、ユニティを促す水瓶座(アクエリアス)デジェル。

 「そうだ君は今こそ約束を果たす時だ。あの白鳥座(ノーザンクロス)の下での約束を…。だから、生きてほしい。」
 「友よ、ブルーグラードを頼んだぞ」
とデジェル。

 友の最後の頼みを受け、ユニティは走った。

 命を燃やして、自分を生かそうとしているデジェル。

 ユニティの心は決まった。

  「迷うものか…!!!僕は生きる!!」

 崩れゆくアトランティスの中を駆ける、元海闘士(マリーナ)。

 倒れてきた神殿の壁の下敷きとなり、血を吐くが、その傷はもはや再生することはない。

 海龍(シードラゴン)の力が失せてしまったのだ。

 「生き延びてやる。誰に責められたって、もういい!!どんなに恥かいたって、死にたくなったって…!!君との約束を果たす!!!」

 その思いがユニティを動かすが、

ユニティを救うカルディア

 力尽きてしまう。

 そこに一人の男が現れ、彼を抱えた。

 「熱い…、熱が入りこんでくる…僕を生かそうとする…!!!」

 気が付くと、ユニティは地上の雪原に倒れていた。

 熱とともに掌に握られていたのは、蠍座(スコーピオン)の爪だった。

 「何て熱い!!!」

 「…デジェル、姉様…、カルディア…」

 自分を後押ししてくれた三人の名を呟く。

 そして、

白鳥座(ノーザンクロス)を見上げるユニティ

  「見えるよ、白鳥座(ノーザンクロス)。どんなに吹雪いても、もう見失うものか…!!」
  「君らのいない未来でも、生きる。絶対だ…!!」

 ユニティは天の白鳥座を仰いだ。

 
 一方、チベット・ヒマラヤ。

 鶴星座(クレイン)ユズリハは故郷の風を感じていた。

 度々仮面を外す彼女に一角獣星座(ユニコーン)耶人が説教する。

 「お前の前でしかとらんよ。ああ!あとテンマか。」とユズリハ。

 耶人は膨れっ面をしながらも顔を真っ赤にする。

 彼らは他の青銅聖闘士(ブロンズセイント)や雑兵たちとともに、ロストキャンバス進軍のための船を探していた。

 ユズリハによると、ハクレイが、このジャミールの地のどこかに過去の聖戦で使われた巨大な帆船があり、それはどんな負の荒波でもどんな暗闇でもつき進む希望の船だと言っていたのだという。

 アテナは、その帆船を再びオリハルコンで稼働させようと考えたのだ。

 その時、耶人の足下が崩れ、穴に落ちると、

過去の聖戦で使用した帆船を見つけた耶人

 そこには氷づけとなった帆船があった。

 だが、その氷はユニコーン ギャロップでも砕くことが出来ない。

 そこに背後から一人の男が現れた。

 「久しぶりだな耶人!一緒の任務につけて嬉しいよ。」というその男は、

獅子座(レオ)の黄金聖闘士レグルス登場!

  黄金聖闘士、獅子座(レオ)のレグルスだった!

 「さあ、どいてくれ、耶人!!」

 レグルスは不敵な表情を浮かべた。

小宇宙通信VOL.2

  『小宇宙通信』ではアニメ版童虎の設定も公開されました!

【感想】

  ついに獅子座(レオ)登場!!

  その名はレグルス!!

 耶人と顔見知りのようですが、原作のように射手座(シジフォス)の弟なのでしょうか…?
 今までのどの黄金聖闘士よりも若く見えますが。

 ブルーグラード&アトランティス編は、今回で完全に完結したようです。

 デジェルの思い、ユニティの思い、そして、カルディアの思いが痛いくらいに心に突き刺さりました。

  ユニティはセラフィナ、デジェル、カルディアの思いを受け継いで、強く生きていってくれることでしょう。

 それにしても、カルディア…、まだ生きていたのですね。。f^_^;
 何だかんだで、いいヤツだったなぁ。

画像の出典:『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』(原作:車田正美、漫画:手代木 史織、秋田書店)

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください!

★随時追記予定!


2008/8/18 月曜日

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』キャラクター列伝 (29) ヒョードル

Filed under: 『ザ ロスト キャンバス』キャラクター — 聖闘士 星矢 @ 8:20:11

天傷星マンドレイク ヒョードル

天傷星マンドレイク ヒョードル

【紹介】 

 『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』で描かれた243年前の聖戦で、 故郷の街で再会したアローンの絵により、命を奪われ、冥界の入口、黄泉比良坂(よもつひらさか)にやってきたテンマ

 彼は、雑兵スケルトンの言葉に自らが死んだことを自覚するが、その背後に現れ、妖面(スクリーミング フェイス)の一撃でテンマを吹き飛ばしたのが天傷星マンドレイクの冥闘士(スペクター)ヒョードルだ。

 ヒョードルは廃墟のような建物の一室に監禁したテンマ「死んだはずのお前がなぜ亡者にもならず、こうして動けるかは知らんが…、さしずめ、心優しいハーデス様がお前に止めを刺す際に慈悲を施したのかもな。」と告げる。

 テンマはその言葉に怒り、蹴りを食らわせるが、逆に妖面の餌食となる。

 一角獣星座(ユニコーン)耶人鶴星座(クレイン)ユズリハテンマを救うため、建物に侵入するが、スケルトンに見つかってしまい、それを倒したユズリハの背後に天傷星の冥闘士が現れる。

 ヒョードルは妖面による衝撃波ストラングル シュリールを放つが、耶人は根性でユズリハを守る。

 だが、絞首台の下に生えるという妖草マンドレイクが引き抜かれる際に発する絶叫は、ユズリハを吹き飛ばし、感覚が麻痺した耶人も返り討ちにあう。

 起死回生のユニコーン ギャロップが妖面を砕くが、冥衣(サープリス)を傷付けられ、逆上したヒョードルは、耶人ユズリハをはじき飛ばす。

 怒りのテンマは自らが拘束されている鎖を引きちぎり、ペガサス彗星拳を妖面に叩き込んで、遂にヒョードルを撃破した。

登場 :『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』→コミックス2~3巻
必殺技:ストラングル シュリール

【コメント】

  輝火に続いて登場した手代木先生オリジナルの冥闘士、マンドレイクのヒョードルです。

 「ハッ」「ハッハーハー」など、アメリカンな笑いをされる方です。笑

 連載当時、先に登場した輝火が一輝の前世?的なキャラクターだったので、このヒョードルは、見た目から、紫龍の前世かと思ってました。
 …が、二週でやられてしまったので、その推測は見事に打ち砕かれましたが。f^_^;

  妖面(スクリーミング フェイス)など、アイデアもさることながら、キャラも立っている、手代木先生オリジナル冥闘士!今後も新たな冥闘士の登場に期待です!アイアコスの軍がありそうかな?

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください


2008/7/31 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第95話 活路

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 8:32:19

冥王(ハーデス)の一閃!
[週刊少年チャンピオン35号掲載]
※ネタバレ必至!

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第10巻は8月8日(金)発売です!

【あらすじ】

 テンマと天秤座(ライブラ)童虎により放たれた渾身のペガサス流星拳廬山百龍覇だが、冥王は剣を一閃すると、それをかき消し、その場にいる全ての聖闘士(セイント)たちを吹き飛ばした!

 牡羊座(アリエス)シオンは思った。

  次元が違う。このままでは全滅、無駄死にする。
  しかし…、今ここで天馬星座(ペガサス)を、冥王と因縁を持つ、あの若者を死なすわけにはいかん。
神話の時代、唯一冥王の肉体に傷をつけた男の魂を!!
  撤退か…、また?ここまで来て…!!
  だが、どうやって、あのハーデスから隙を見出す…!?

 童虎はその思いを読み、答える。

  シオン!!その隙…わしが作る!!

 次の瞬間、童虎は聖衣(クロス)を脱いだ。
 彼は愛弟子であるテンマに活路を拓くため、全てを賭けることを決意したのだ。
 その背中に虎が浮かぶ!

 「余は一人たりとも逃すつもりはないのだがな!!!」ハーデス

  童虎の廬山龍飛翔が炸裂!!

 彼の小宇宙が金色の龍と化す!
 さらに、龍の口より天秤座の槍(スピア)を放ち、それは冥王の頭部を捕らえたか!?

 …いや、寸前で止まっていた!

 だが、童虎にはそれで十分だった。

 「かかったな、ハーデス。待っていたのはその間よ!!!」

 サイコキネシスで宙に浮かぶシオンテンマ鶴星座(クレイン)ユズリハの体。

童虎、最後の闘い

 「待て、シオン!!童虎は…!!いやだ、童虎…!!」

 テンマの叫びを背に、童虎は思った。

  テンマよ、わしがお前を聖闘士にしたこと、お前はどう思っているか、わからんが…
  お前との修行の日々、決して悪くはなかったぞ

 「まだじゃー、行くぞ、ハーデス!!!」と、冥王に向かっていく童虎
 「こしゃくな…」と、剣に光を迸らせるハーデス

  なあ、愛しの弟分よ…

絶叫するテンマ

 ハーデス城の外に飛び出した三人。

 俯くシオン

  「嘘だよな…?あんたまで…」

  童虎オオォ

 テンマの絶叫がこだました。

童虎を殺害したハーデス

 ハーデス城は崩壊を始めた。

 冥王の足下には、胸を貫かれた童虎の体が横たわる。

 「世界の終末はもう見えている。この巨城ももはや用済み。せめて哀れな聖闘士たちの墓標にしてやろう」

 ハーデスの頭上には空へと伸びる階段が現れた。

 崩壊の中、ハクレイの遺体、サロら全滅した一軍の姿も見える。

冥王(ハーデス)、ロストキャンバスへ!!

 「さらば地上、余は空より、お前たちを統べてやろう」

  加速する世界の終わり。
  冥王はロストキャンバスへと上っていく。

【感想】

  童虎散る!!

  またまた衝撃的な展開です!

 しかし、ご存じの通り、童虎とシオンはこの聖戦で生き残ることになっているので、今後、何とかして、生き返らせることになるのでしょうか…?

 心臓を貫かれているのですが。。

 今回の出来事は、テンマにとっては、アスミタやアルデバラン(ハスガード)、エルシドの死以上に重く、その心にのしかかってくるに違いありません。

 何と酷なのでしょうか…。

  一方のハーデスは城を自ら崩壊させ、地上を離れて、ロストキャンバスへの階段を上り始めました。

  この展開は…ロストキャンバス内(天界?)での最終決戦となるのでしょうか!?

 しかし、今のままでは、どうにも聖闘士側に勝ち目はないと思うのですが…。

【今回の名台詞】

「テンマよ、わしがお前を聖闘士にしたこと、お前はどう思っているか、わからんが…お前との修行の日々、決して悪くはなかったぞ。なあ、愛しの弟分よ…」(童虎)
→兄貴分として、己の全てを賭け、テンマを逃がした童虎。凄まじさを感じました。

「嘘だよな…?あんたまで…。童虎オオォ」(テンマ)
→ついには師である童虎まで失ってしまったテンマ。あまりに大きな悲しみと試練が彼に襲い掛かります!…負けるな!!

画像の出典:『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』(原作:車田正美、漫画:手代木 史織、秋田書店)

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください!


2008/7/17 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第93話 遙かな神

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 8:31:54

画像「ハクレイを殺害したハーデスの黒い笑み」
[週刊少年チャンピオン33号掲載]
※ネタバレ必至!

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第10巻、8月8日(金)発売決定!

【あらすじ】

 牡羊座(アリエス)シオンは状況を理解できないでいた。

 「さっきまで師は戦っていた…。命の限り。そして、神に勝った!それが、それが…」

 目の前には、血の海に横たわり、ピクリとも動かない師ハクレイ。そして、それを黒い笑みで見下ろす冥王ハーデスの姿。

  「許せん、ハーデス!!!スターダスト レボリューション!!!」

 牡羊座最大の拳を放つシオン

 だが、ハーデスは涼しげな顔で「ああ、見事な星クズだ。」と言うと、そのローブの袖に垣間見えた宇宙へと星々を吸い込む。

 そして、さらに鋭い恒星がシオンを襲った!

画像「遙かに神」

  そこにいるのは、眠りの神ヒュプノスとも、以前相見えたハーデスとも違う、遙かに神であった!

 圧倒的な力の差を思い知るシオンだが、命に代えても、結界だけは解除しようと、前聖戦のアテナの血の加護を受けた剣を拾いに走る。

 だが、頼みの綱のその剣も粉々に砕かれてしまう。

 シオンをはじき飛ばしたハーデスの魔手は鶴星座(クレイン)ユズリハにも伸びる。

 だが、ユズリハは体がすくんで動かなかった。

 「戦士であれと生きてきた私が…!!!」

 絶望的な状況に恐怖するシオンの妹弟子。

 兄弟子が再び立ち上がり、ハーデスの攻撃を防ぐが、もはやここまでかと観念しかけた、その時、

画像「童虎、テンマ参上!」

  天秤座(ライブラ)童虎と天馬星座(ペガサス)テンマが加勢に現れた!

 童虎は聖域(サンクチュアリ)軍を率いる射手座(サジタリアス)シジフォスに頼み込んでハーデス城に行かせてもらい、そこでテンマを見つけたのだという。

 テンマは冥王の横を通り過ぎ、ハクレイの亡骸の前に腰を落とした。

 「族長(おさ)!あんたまで…。」「アローン、お前がやったのか!?」

 「フッ」ハーデス

  「何が可笑しいんだよ、この野郎ー!!!」

 神に怒りの拳を向けるテンマ

画像「お前の言う、アローンとは一体誰だ?彼はすでに死んでいるというのに。」

 ハーデステンマをこともなげに弾き飛ばし、驚愕の事実を告げた。

 「天馬星座(ペガサス)テンマよ。お前の言う、アローンとは一体誰だ?」

  「彼はすでに死んでいるというのに。」

画像「衝撃を受けるテンマ」

 「もういない。」

  「だったら、お前は何なんだよ…。ちくしょーッ!!!」

 テンマの慟哭が流星拳となって放たれた。

【感想】

  『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』は間もなく100話を迎えます。そして、8月8日には、10巻の発売も決定しました。

  しかし、聖戦の物語は、ここに来て、衝撃的な展開の連続で、最大の山場を迎えています。

 今回の話では、冥界を統べる神であるハーデスの力の強大さ。そして、絶望的な状況。テンマとハーデスの最悪な状況下での再会が描かれ、さらには、テンマの唯一無二の親友アローンが死んだということが告げられました。

 この展開には、テンマでなくても、ハーデスへの怒りが湧いてきます!

  果たして、もはやアローンを救うことは出来ないのか…?

 それから、やはり前回でヒュプノスは完全に封印され、ハクレイは絶命してしまったようですね。。(T_T)

【今回の名台詞】

「澱みない、闇色の小宇宙(コスモ)。畏怖すべき存在感。ヒュプノスとも、以前相見えた時とも何か違う!!遙かに神」(シオン)
→覚醒したハーデスの力を肌身に染みて感じたシオン。この絶対的な神に対し、勝ち目はあるのか…?

「お前の言う、アローンとは一体誰だ?彼はすでに死んでいるというのに。」(ハーデス)
→これは衝撃的です!アローンが既に死んでいたとは…!テンマのやり場のない怒りが分かります。

画像の出典:『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』(原作:車田正美、漫画:手代木 史織、秋田書店)

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!

聖闘士★Search投票にご協力ください!


2008/7/11 金曜日

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』キャラクター列伝 (23) トクサ

Filed under: 『ザ ロスト キャンバス』キャラクター — 聖闘士 星矢 @ 7:51:40

トクサ

画像「トクサ」 

【紹介】 

 天究星ナスのベロニカが支配する死の森において、腐臭漂う沼に引きずり込まれた鶴星座(クレイン)ユズリハに、沼の魔人が語りかけ、死んだ弟のトクサの姿を見せる。

 トクサは姉に「ジャミールに帰りたい」と告げた。
 魔人は次に一角獣星座(ユニコーン)耶人(やと)を殺し、その命を移せばいいと誘惑する。

 ユズリハは再び弟と故郷で過ごしたいという想いを抱くが、そのためには聖戦を終わらせる必要があると言い放ち、絢舞裳閃脚(けんぶしょうせんきゃく)を放つ。

 魔人「実の弟すら、戦いのために捨てるというのか」と問うが、ユズリハはそれが自分の選んだ道だと言い、弟たちの守りたかった故郷や地上を一身に背負うアテナ(サーシャ)を、テンマ耶人と守ると誓うのだった。

 その後、仮象者パンタソスにより誘われた夢の世界で、ユズリハが故郷の大地でトクサと過ごす姿が描かれている。

登場 :コミックス7巻,9巻

【コメント】

 ジャミール一族はムウ、貴鬼、シオン、ハクレイ、セージ、ユズリハ、アトラだけじゃない!

  ってことで、ユズリハの弟トクサ君です。

 イラストは、某ヴィジュアル系バンドのボーカルさんみたいになってしまいましたが。。

 ロストキャンバス第57話「誘惑」を見た限りでは、どうやら、既に死んでしまっているようですね。
 すごい火傷の痕があったことから、火事で亡くなったものと思われます。

  聖戦が終わった後に、何らかの形で、ユズリハがトクサとジャミールの地で再会出来るといいですね。

 その時にはユズリハも死んでしまっているかもしれませんが…。

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!


« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.818 sec. Powered by WordPress ME