2009/12/29 火曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第162話 父親

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 0:17:13

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第17巻は絶賛発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.4も絶賛発売中!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 ロストキャンバスの第一の魔宮 水星(マーキュリー)に辿り着いた天馬星座(ペガサス)テンマたち。

 サーシャ・アローンとの三人の決着をつける決意を胸に、テンマは牡羊座(アリエス)シオン獅子座(レオ)レグルスを従え、魔宮に突入する。

 中には薄暗い空間が広がり、時計を持つ謎の手が、不気味に聖闘士(セイント)たちを狙う。

 次の瞬間、レグルス、シオンの足音が止まるとともに、二人の動きも止まり、テンマとサーシャの前にスポットライトが当てられた。

 そこに、手に持つ花をくるくると回しながら現れた男こそ、天魁星メフィストフェレスの杳馬だった。

 杳馬はテンマを「愛しの息子」と呼び、「会いたかったよ、テンマーッ!!!」と言いながら、抱き締める。

 だが、テンマは戸惑う。

 物心ついた時から母と二人で放浪してきた彼に、父親などいなかったのだ。

 テンマは杳馬を蹴飛ばし、「俺の親父はどっかで野垂れ死んでるって決まってんだ!!」「いい加減、悪趣味な芝居やめろよな…正体現せ、冥闘士(スペクター)!!!」と言い放つ。

 杳馬はそんなテンマを「母さんそっくり!」と評しながら、起き上がり、煙の中、とある映像を見せた。

 そこに現れたのは、赤ん坊を抱くテンマの母パルティータ、杳馬、そして、まだ幼いパンドラの姿。

 パルティータと杳馬は、パンドラの母が彼女の弟か妹を産むのを心待ちにする、パンドラの家の使用人だったのだ!

 さらに杳馬は語る。

 まだ少年だった頃、魔星に目覚めた彼は、徳川太平の世に息が詰まり、旅に出た先で、空の大四辺形から飛び立つ流星を目にしたのだと。

  そして、天馬星座(ペガサス)の魂を追って、ハーデス生誕の地に渡り、そこでテンマの父となったことを明かした!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、前回に続き、OVA第4巻の封入特典と該当プロモーション、シリーズ特典のドラマCDが情報が掲載されています!

聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/8/13 木曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第144話 女神封印

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 10:49:56

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第15巻は好評発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.2も8月21日(金)発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 サーシャ=アテナ天間星アケローンのカロンに船賃として渡した髪を画材に、冥王ハーデスは彼女の絵を描き、女神の力を封じてしまった!

 サーシャの名を呼び、絶叫する天馬星座(ペガサス)テンマ

 「こうなっちまうと 女神も普通の女の子と変わんねェ。痛々しいねェ全く」というカロンに対し、牡羊座(アリエス)シオン獅子座(レオ)レグルスは立ち上がり、睨み付ける。

 だが、彼はハーデスに貰った銀貨の分の仕事をきっちりこなしただけだと言い、職務怠慢を犯すようでは聖域(サンクチュアリ)の金払いはそんなに良くないようだと切り捨てる。

 カロンにとって信じられるのは金の流れだけなのだ。

 「何が金だよ!!そんなもののために サーシャを苦しめてんじゃねェぞ!!」と、流星拳を放つテンマだが、それは弾き返され、彼は雲海に落ちる。

 代わって、カロンの働きぶりを「同胞の使命への情熱とは比べる価値もない!!!」というシオンがスターダストレボリューションを放ち、カロンを弾き飛ばすが、彼は「ヒヒッ…」と笑い、その直後に船が岸に着く。

 シオンはカロンの真意を計りかねるが、彼は、アテナの髪を貰えば、岸に連れていくという約束を全うしただけだと語った。

  「毎度あり!せいぜい頑張んな!!」と渡し守。

 船を降りたシオン、レグルス、テンマはアテナを背負い、魔宮に至る階段を上る!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、第2巻のプロモ映像による秋葉原駅前の巨大街頭ビジョンジャックの告知がされています!

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/8/3 月曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第143話 渡し守

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 5:53:15

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第15巻は8月7日(金)発売!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.2も8月21日(金)発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 希望の船に乗り込み、石化した聖闘士(セイント)たちを品定めする冥闘士(スペクター) 天間星アケローンのカロン

 鶴星座(クレイン)ユズリハ「いいね!俺好み!!」と愛でるが、次には一角獣星座(ユニコーン)耶人を手にしたオールで打ち壊そうとする。

 オールを受け止めたのは天馬星座(ペガサス)テンマ

 怒りの小宇宙(コスモ)でカロンを投げ飛ばすが、ローリング オールで返り討ちに遭う。

 テンマのことを「仲間を見放す薄情者」と言うカロン。

 やがて、希望の船は音を立てて沈み始める。

 テンマと同じく無事だったサーシャは、カロンに雲海の水先案内人になるように頼みこんだ。

 獅子座(レオ)レグルス牡羊座(アリエス)シオンに睨みをきかされたカロンが渋々それを承知すると、五人はカロンの船に乗り込み、希望の船は雲海の藻屑と消えた。

 やがて岸が見えてきたところで、カロンはアテナ=サーシャの髪を船賃代わりに置いていくように言う。

 当然、テンマやシオンは反対するが、サーシャは聖闘士たちが命という対価を払って自分たちを導いてくれたことに比べたら、安い交渉だと、自らの髪を斬り、カロンに与えた。

 だが、彼女が髪を渡した瞬間、カロンは「毎度ありィ!!!」と叫び、天上より天使が現れると、それを持ち去る!

  冥王ハーデスはそれを画材にアテナの絵を描き、女神の力を封じてしまうのだった!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』には、マニゴルド役小野大輔とアルデバラン役杉田智和のインタビューが掲載されています!

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/7/20 月曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第141話 決起

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 10:47:36

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第15巻は8月7日(金)発売!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.2も8月21日(金)発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 射手座(サジタリアス)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)シジフォス牡羊座(アリエス)シオン獅子座(レオ)レグルスとともにアテナエクスクラメーションを放ち、散った。

 同志たちを進ませるために…

 その羽は世界中に舞い散り、カノン島では“鬼”と呼ばれた男デフテロスがその羽からシジフォスが己を全うしたことを知る。

 彼が向かった先にいたのは、噴煙の中で、天秤座(ライブラ)の聖衣(クロス)に守られ、眠り続ける童虎だった!

 デフテロスは小瓶に入っていた血液を指先に含むと、童虎の左胸の傷に突き刺す!

 すると、心臓は再び鼓動を始め、猛虎は目覚めるのだった!

 戦況を教えると、童虎はすぐにロストキャンバスへ向かおうとするが、「今 お前がそのまま戦地へ行ったところで結果は見えている アテナの敗北がな」とデフテロス。

 そして、先ほどの小瓶に入った先代のアテナの血を天秤座の聖闘士に託すと、それを持って聖域の十二宮をのぼり、アテナ像に捧げるよう、命じた。

 「何故今まで聖戦から遠ざかっていたのだ!?」という童虎の問いに、聖衣を纏う時期を待っていたと答えるデフテロスは、

双子座の黄金聖衣を身に纏うのだった!

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、牡牛座アルデバランの設定画が公開されています!

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/7/14 火曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第140話 貫く忠義

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 5:54:23

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第15巻は8月7日(金)発売!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.2も8月21日(金)発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 天獣星スフィンクスのファラオを撃破した射手座(サジタリアス)シジフォスだが、心臓を失っているため、倒れてしまった。

 ロストキャンバスの門は開きかけるが、途中で止まってしまう。

 ファラオが呪いをかけていたのだ。

 彼は、ビッグバンでも起こして門を破壊しない限り、そこを通ることは出来ぬと言い、力尽きる。

 牡羊座(アリエス)シオンは一つだけそれを可能にする方法があると口にするが、それには黄金聖闘士(ゴールドセイント)3人が揃わねば不可能だという。

 だが、今や残る黄金聖闘士は彼自身と獅子座(レオ)レグルスだけなのだ。

 しかし、シジフォスは再び立ち上がり、アテナエクスクラメーションの構えを取った。

 黄金聖闘士が三位一体となって放つその技の破壊力は小規模ながら宇宙創造ビッグバンに匹敵するのだ。

 放たれた力は大きな光となり、門に注がれた。

 射手座の聖闘士は、薄れゆく意識の中、サーシャを聖域(サンクチュアリ)へと連れてきた日のことを思う。

 まだ幼い少女は、女神アテナとして生きる重責を担うことを覚悟しながらも、皆が幸せになるのなら、「私も幸せ!!」だと、笑顔で言い切ったのだ。

  そして、その瞬間、シジフォスは、巨大な神としての運命から、この少女をその願いごと守りたいと思ったのだった。
  聖闘士とは違う気持ちで…。

 
 今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、聖闘士聖衣神話でベヌウ輝火が発売されることが発表されています!

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


2009/6/19 金曜日

THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 第137話 星の魔宮

Filed under: 今週の『ザ ロスト キャンバス』 — 聖闘士 星矢 @ 15:35:53

『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』単行本(コミックス)第14巻は発売中!
OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS(ザ ロスト キャンバス) 冥王神話』vol.1も6月24日発売!

※注意:この記事にはネタバレが含まれています!

【あらすじ】

 上空のロストキャンバスに無数の魔宮を出現させた冥王ハーデス=アローンは、因縁の二人-天馬星座(ペガサス)テンマアテナ=サーシャをその居城へと招待するという。

 「ここまで追いつめて逃がすかよ、ハーデス!!!」と向かっていくテンマ。

  冥王は「笑止!!」と切り捨て、旧友の手を剣で貫くと、元妹の首に手をかけた。

 そして、ロストキャンバスに現れた魔宮を多くの死と苦痛が渦巻く『星の魔宮』だと教える。

 さらには、テンマたちを苦しみ悶えさせて死を与え、その死に顔を描いて、アトリエに飾ることこそが、自らの望む因縁の結末だと語った。

 アテナの首輪をも破壊したハーデスに尚も拳を向けるテンマ。

 だが、冥王はロストキャンバスへと至る門を目の前に呼び寄せ、そこに入ると、テンマたちの前から姿を消した。

 「宿敵(とも)よ、待っているぞ…」との言葉を残して。

  「ちくしょオォォー!!!!」

 絶叫するテンマ。

 兄の手が冷たかったと言うアテナは、生き残った聖闘士(セイント)たちに、ロストキャンバスへと行くために、力を貸してくれるよう、求めた。

  牡羊座(アリエス)シオン、獅子座(レオ)レグルス、鶴星座(クレイン)ユズリハら、全アテナ軍が希望の船の下に集まるのだった。

 
今回のアニメ化情報『小宇宙通信』では、新生天馬星座の聖衣の設定画が公開されています!

 また、カラーページでもOVA第1巻の告知がされています!

「聖闘士星矢コミュニティ ~聖域(サンクチュアリ)~」フォーラムでは、皆さんの感想をお待ちしております!
聖闘士★Search投票にご協力ください!

☆随時追記予定!


« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 1.344 sec. Powered by WordPress ME